ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ガルツー的この時期に外せないバズベイト3選!

寄稿:津輕 辰彦

6月になり、蒸し暑い日と肌寒い雨の日が交互にやってきた感じがあります。

スポーニングから回復傾向の魚が増えてくるこの時期、絶対に欠かせないルアーがバズベイトです。

ミッドスポーン~アフタースポーン期にはバズベイトの金属音が非常に効果的で、バズベイトのハイシーズンと言っても過言ではありません。

ところで巷には様々なバズベイトが溢れていますが、皆さんはバズベイトを使い分けていますか?

今回は私が使っているバズベイトを3種類ご紹介します!

ボルケーノグリッパー(ノリーズ)

グリッパーが発売されてからというもの、私がバズベイトを投げるときは8割型グリッパーになりました。それくらいお気に入りです。

特徴はなんと言っても大型のペラによる水噛みの良さと金属音の良さ!

育てて育ててようやく出るようになった良い音がグリッパーだとすぐに出るようになります。

キュルキュル音とポロポロ音、どちら良い塩梅で混ざって奏でることができるバズベイトを私は他に知りません。水噛みが良いので、かなりスローに引けるのもグリッパーの特徴です。

ご存知ボルケーノグリッパー!キュルキュル音とポロポロ音のバランスが最高!

一方で、グリッパーの弱点は飛距離です。大型のペラを装着しているが故、空気抵抗が大きく、ロングキャストして広く探る釣りにはやや不向きです。

また、キャスト時に回転してしまうこともあります。飛行姿勢を安定させるためには、トルクのあるロッドをしっかり曲げてキャスティングすることが重要です。

3/8ozと1/2ozがラインナップされていますが、私はどちらもハードベイトスペシャルHB640MLで投げています。よく曲がりつつもトルクがあるロッドで、かつ長すぎないためアキュラシーキャストも決まります!

 ボルケーノⅡ(ノリーズ)

昨年の6月にボルケーノグリッパーでキャッチしたナイスフィッシュ!

グリッパーの影に隠れてすっかり地味な存在になってしまいましたが、私のお気に入りであることに変わりありません。

グリッパーは大型のペラで水をしっかり掴むのに対し、ボルケーノⅡは水をかき出すタイプです。

ファストリトリーブで使うことが多いボルケーノⅡ

ボルケーノⅡの方が高速で引けるため、スピードでリアクションを誘発させたい場合はボルケーノⅡを使っています。

ルアーが横倒しになってしまうようなスピードで引いてもちゃんとフッキングしてくれます!

スクラッチバズ(ティファ・ドラゴンルアーズ)

私のシークレットルアーの一つ、スクラッチバズです。

随分前に廃盤になっており、私の手元にもあと4つしかありません。

クリアウォーターで使うスクラッチバズ

スクラッチバズの特徴はナチュラルなカラーリングと横倒しになったリアルなヘッドです。

この時期はたとえクリアウォーターであってもバズベイトを引きたいのですが、水の色に合うカラーラインナップが充実していたスクラッチバズが活躍します。

ナチュラルカラーのスカートとリアルフィニッシュのヘッドが特徴です

今まで何度もスクラッチバズのバイトシーンを見てきましたが、バスがかなり長い距離を並走した後にバイトしてくることが多いです。

ルアーを見切られてもおかしくないようなクリアウォーターでは、ナチュラルなカラーとリアルなヘッドがバイトを誘発しているように感じています。

また、飛行姿勢が良く、ロングキャストに向いています。

難点はなかなか良い音に育たないことと、もう全くと言って良いほど手に入らないことです。どなたか譲っていただけませんでしょうか(笑)!?

津輕 辰彦(Tatsuhiko Tsugaru) プロフィール

津輕辰彦(つがるたつひこ)…1986年生まれ。プライベートでもハードベイトしか投げないハードベイター。特にスピナーベイトを得意とし、H-1グランプリではマスターズカップを2勝している。通称ガルツー。スポンサー:ノリーズ、アザーセルフ、ハヤブサ、フィッシングガレージブラック