ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

釣れない時間は浮気をすればいい。エギングやショアジギの合間に“ちょい投げ”のススメ。

堤防でエギングやショアジギ。

潮止まりなどで、まったくノー感じになることありますよね。

つらい時間もキープキャストは大事。でも、アタリは欲しい。

そこで、今回は“浮気”のススメです。

 

ルアータックルでちょい投げ

ガイドでお馴染み「Fuji工業」が提案する“ちょい投げ”

オモリとエサを付けて“ちょい”っと“投げ”る、というやつです。

記者はアタリ中毒者なので、今のシーズン堤防で釣りをするときはカンタンに浮気します。

 

ちょい投げのメリット

・ルアーロッドをそのまま使える

・ルアーのハイシーズンが投げ釣りシーズン(初夏~秋)と被る

・手軽

・堤防、漁港、サーフなど身近な場所で釣れる

・お土産にもってこい

・PEラインを使用しているので感度がいい、アタリがわかりやすい

などなど、数えだすとキリがない。

エギングタックルでももちろんいいのですが、ショアジギロッドだともう少し重めのテンビンを背負えるので、より広範囲に攻められるなんてメリットも。

メインのターゲットはキスですが、嬉しい外道(カレイ・真鯛・イシモチ…など)が釣れたりもします。

エギング好きの友人が、そのまま投げ釣りの魅力にドップリ。専用タックルを揃えた…なんて話も。ま、それくらい面白いというワケです。

 

準備するもの&セッティング

いつものタックル・テンビン・仕掛け・エサ

まずはテンビン

ジェットタイプでも遊動タイプでもどちらでも大丈夫ですが、個人的にはアタリがダイレクトに伝わる気がして遊動タイプが好み。

 

タックルに合ったテンビンを

浮気中にロッドを破損するのは本末転倒。ロッドの指定するオモリ負荷以上のオモリは投げないでください。

号数 重量 エギ※
3号 11g 2.5号
4号 15g 3号
5号 19g 3.5号
6号 23g 4号
8号 30g 4.5号
10号 38g 5号

出典:Fuji工業公式HP

 

仕掛けとエサ

あとは、投げ釣り用の仕掛けとイソメやゴカイ(人工イソメでも可)といったエサがあればOK。

仕掛けは釣具屋で3枚セットなどで売っているもので問題なし。確率論で言えば、2本バリ仕掛けより、3本バリ仕掛けの方が可能性は高まります。ただエサをつける回数が増えたり、糸が絡んだりするデメリットも増えるので、ここは好みで。

できればハリは小さめ(7~8号前後)の方が、口の小さい魚を含むいろんな魚種が釣れておもしろいですよ~。

 

で、ラインの先にテンビンを付けて、仕掛けをセット。あとはエサをつけて投げるだけ。

リーダーは付けたままでもPE直結でもOK。付けたままなら、そのままスナップを利用すれば、テンビンから仕掛けまで、一切ノットを組むことなく仕掛けが完成します。

 

狙い方

ルアーとは違い、投げてそのまま放っておく。魚がそこにいれば喰いつきます。

キスの好ポイントはカケアガリ。より釣果を求めるなら、ゆっくりロッドをさびく、グーッと重みを感じたらそこがカケアガリなので喰わせの間を入れる。…なんて釣り方も。

バスのキャロをやってる感覚ですね。

天ぷらに塩焼きに、その食味の良さは言わずもがな。

経験上、早朝はちゃんと本命を狙うので、ちょい投げをするのは日が昇ってから。その時間になると釣具屋なども空いているケースが多く、エサや仕掛けを忘れても場所によっては現地調達できるっていうのも嬉しいポイント。

コンコンッと竿先を叩くアタリに癒されてみてはいかがでしょうか。