ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【座れるタックルボックスVS-7080をベースに開発】明邦化学のNEWランガンシステムボックス「VSー7080N」をご紹介!

2020年、明邦化学の「ランガンシステムボックス」にNEWタイプが追加されました。

それが、「VS-7055N」、「VSー7080N」、VS-7070Nの3モデル。

 

左上:VS-7055N 右上:VSー7080N
左下:VS-7070N

 

今回はその3つの中の1つ。VSー7080Nについてご紹介。

 

ランガンシステムボックス VS-7080N

当サイトで何度かご紹介させていただいてる、明邦化学のランガンシステムボックスの新シリーズですが、今回「VSー7080N」を選んだ訳というのが、このモデルだけ座ることが可能になっております。

サイズ 備考 本体価格
375×293×275mm 本体可変仕切板:2枚付属
滑り止めラバーグリップ付属
ワームプルーフ
HG
¥5,300

明邦化学公式「VSー7080N」詳細ページはこちら

 

VS-7080がベースに作られているため座れる

そう、VSー7080Nは座れるランガンシステムボックスとして人気を誇るVS-7080をベースに開発されたモノ。

 

出典:明邦化学公式「VS-7080」詳細ページ

 

このような感じでフタが丈夫に作られているので座れるということです。

 

VS-7080Nの特長

色だけが変更されただけではなく、同じNシリーズVS-7055N」、VS-7070Nと同様、”ハンドルストッパー”が採用されています。

 

フタ部の両サイドに設置されているこの”ハンドルストッパー”がハンドルにフィットすることで、持ち運ぶ際に以下の写真のようにタックルボックスが傾くことを防いでくれるという訳です。

 

この機能により、ボックス内の荷物の散乱を防げたり、ボックスの姿勢が安定するので快適に持ち歩くことが可能。

ですので、オプションパーツを沢山取り付けたとしても、バランスが崩れることがありません。

 

またストッパーの場所がわかりやすいように、ステッカーが貼ってあるのもウレシイ…。

 

タックルボックスを買い替えたいなと思っている方は是非VSー7080Nも参考にしてみてくださいね!

 

関連動画も是非チェック!

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!