ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【税込み980円】ワークマン2020年モデルの偏光グラス2種をご紹介!「FieldCoreフィールドコア」/「Find-Outファインドアウト」

水面のギラつきを抑え、まぶしくて見えにくいモノをクッキリ・はっきり見せてくれる「偏光グラス」。

ラインやルアー、水中のストラクチャーや魚が見えやすくなり、さらには目を保護してくれるという偏光グラスは、釣り人ならぜひ持っておきたいアイテムの1つ。

日に日に日差しが強くなっていく今日この頃。

便利・オシャレ・快適、かつ…何よりコスパがえぐい!ワークマンの偏光グラス…気になりますよね。

 

サングラス【FieldCore(フィールドコア)】

税込み980円

偏光グラスで980円。

それでいて、UV400で紫外線を99%カットしてくれる紫外線対策にも一役買ってくれる、ワークマンのアウトドアテイストで人気のブランド「フィールドコア」の偏光グラス。

詳細はワークマン公式ONLINE SHOPのこちらをチェック

 

特長はこんな感じ

タイプとしてはウェリントン型でオシャレ。普段使いもいけそうな感じ。

男女兼用、軽量で長時間掛けていても疲れないというのもポイント。

・偏光レンズ

・UV400

・可視光線透過率12%

・紫外線透過率1.0%以下

偏光度については公開されていませんが、可視光線透過率は12%でけっこう暗め。日差しのきつい日中などに重宝するのではないでしょうか。

【可視光線透過率について】取り込む光の量を数値で表したもので、数値が大きいと見え方は明るく、小さいと暗くなります。目安として、曇っているときや朝夕のマズメ時などは30~40%ほどが使いやすいとされています。

 

カラーバリエ

 

1 / 2
次へ