ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

川の五目釣り!ヌマチチブを真剣にルアーで狙ってみた!

近年、ハゼクランクなどこれまでターゲットにされてこなかった魚のルアーフィッシングが注目を集めています。

今回紹介するのは「ヌマチチブ」を狙ったルアーフィッシングのご紹介。

あまり聞きなじみのない方も多いかと思いますが、実はこのヌマチチブ、真剣に狙ってみると非常にゲーム性が高く面白い魚なのです!

What is ヌマチチブ?

ヌマチチブとはスズキ目ハゼ亜目ハゼ科チチブ属の魚で、一部地方ではダボ、ダボハゼ、ゴリ、ドンコなんて呼ばれている魚です。

ヨシノボリをやや大きくしたような見た目で、口も大きく肉食性。最大15cmにもなる河川の中流、河口付近に生息しています。

産卵期が春から夏のため、今の時期は岸際に集まり、多くの個体は1年で寿命を迎えます。

ヌマチチブをルアーで狙う楽しさ

小型のスプーンなどがあればオススメです

ヌマチチブは基本ボトムにつく魚なので、中層より下の層で狙うことが前提。

ヌマチチブにオススメのルアー

また口も大きいとはいえ、トレブルフックにはかかりにくく、シングルフックなどに変更が必要になります。

基本的にルアーはボトムズル引きや反射的に飛びつくフラッシングのプレート系が有効です。

ワームのサイズは3インチ以下がオススメです。

グラブなど大きなテールや派手なアクションをするルアーに対しては警戒し逃げていく様子だったので、小ぶり且つ軽いアクションをするものを使用しました。

ワーム2~2.5インチにジグヘッドは1g前後の軽量なものを使用し、フックも小さめのアジング用ジグヘッドがかかりやすく重宝した印象でした。

タックルだけは本気モードのベイトフィネスで狙うとやる気がでます(笑)

ヌマチチブ自体、動きが早くないのでシャッドやミノーではなく、ジグヘッド+ワームなどでじっくりと丁寧なアプローチを意識しましょう。

浅瀬にいるのでヌマチチブの動きを観察しながらだと、よりゲーム性が増して楽しめますよ!

意外な発見!ヌマチチブの習性

獰猛なヌマチチブですが、捕食の際は後ろから近づいて捕食が多いようです。

ルアーを発見しても、ゆっくりと少しずつ後方から接近して、捕食の瞬間だけひったくるようにバイトしてきます。

この時期はハヤやオイカワなどの稚魚も多いため、そういった素早いベイトを仕留めるための習性ともいえるでしょうか。

小バスやハゼなど多種な魚が釣れるゲーム性抜群のルアーフィッシング

五目釣りと聞くと海を想像しがちですが、川でも十分に楽しむことが可能です。

小バスやニゴイ、ゴクラクハゼなど予想外の魚が狙えるゲーム性に富んだ釣りです。

ゴクラクハゼも同型のワームでヒット

これからの時期は海川ともに魚の活性が高くなる時期。水辺には多くの生命が溢れ、いろんな姿を観察することが可能です。

様々な生態を知ることは釣りに活かせる知識にもつながります!ぜひこの夏はいつもとちょっと違った思考で釣りを楽しんでみてはいかがですか?