ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メタルジグが気になる季節。投げて巻くだけのAPIAのメタルジグ「SEIRYU」シリーズに注目。

回遊系の魚が回りだしたり、梅雨メバルもそろそろ。

というわけで「メタルジグ」が何かと気になるシーズン。

今回はAPIAのライト系メタルジグに注目。

 

SEIRYU HYPER【APIA】

コンセプトは投げて巻くだけ。

2016年にリリースされ、今なお根強い人気を誇る「SEIRYU HYPER」。

重量:20g / 30g / 40g / 50g
フック:フロント&リア ティンセル付フック搭載
価格:20g・630円(税別) / 30g・690円(税別) / 40g・750円(税別) / 50g・820円(税別)

APIA公式「SEIRYU HYPER」詳細ページはこちら

 

特長

最大の特長は、シャープなエッジが特長の平型五角形ボディ

 

このボディから生まれるのが、スローからファーストリトリーブまで対応する“ヒラ打ち”アクション。水中でキラキラとフラッシングアクションを演出し、フィッシュイーターにアピールします。

またロッドでアクションを加えると、逃げ惑う小魚のようなイレギュラーなアクションを演出。ワンピッチ~タダ巻きへのシフトで「喰わせの間」を演出することも可能な多彩なジグとなっています。

塗装の強度も大幅にUPしているとのことなので、太刀魚やサゴシなどの歯が鋭い系の魚にも試してみたいトコロ。

 

カラーラインナップ

定番のブルピンをはじめ、リアル系からアピール系までのラインナップ。

 

ボートシーバスでも使える!実釣動画をチェック

出典:YouTubeチャンネル「apiatv」

 

1 / 2
次へ