ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シーバスもいいけどメバルもアツい】バチパターンで良型メバルを攻略!

皆様、こんにちは !

大阪湾でガイド船『SEA MASTER』を営んでいます、サンラインフィールドスタッフの竹嶋と申します。

季節はちょうどバチ抜けのシーズン。

今回は得意のシーバス…ではなく(笑)、バチパターンの良型メバルの攻略方法についてご紹介したいと思います。

竹嶋 利充(takeshima Toshimitsu) プロフィール

大阪湾でガイド船「Sea Master」を営む。 シーズンを通じてシーバスをメインにメバル・アジなどにも造詣が深く「釣らせるガイド」として知られている。

 

バチパターンのボートメバリング

大阪湾では例年、目視できるバチが出だす4月中旬〜6月いっぱいまでがチャンスで、他にもシラス・ハク・コイカとベイトも豊富になってきます。

バチパターンでシーバスを狙っていると度々メバルもヒットしてきます。

 

このメバル、サイズも25〜29cmまでと良型で、シーバス用の8〜12cmクラスのシンキングペンシルにもガンガンヒットしてくる。

そこで、ボートからですが「メバルだけ」を狙ってみたんです。

 

バチメバルのポイント

まずはポイントですが、できれば常夜灯のある所で、潮通しの良いテトラ帯や石畳、柱の様な縦ストラクチャーがあるポイント。

ここで大切なのが、潮通しの良いポイントの「潮当たり裏」を狙う事です。

ポイントの地形などにより、一概にはいかないかもしれませんが、潮の当たるその裏に流れてきたバチが溜まっているような場所があればチャンス大!(シーバスが陣取っているかもしれませんが…)

使用するルアーと攻め方

次に使用するルアーですが、基本的にプラッキングオンリーで勝負。今が最もプラグで釣れるチャンスなので!!

ちなみにジグヘッド+ワームでもヒットしますが、何故かサイズが伸びません…。

ライズの有る無しに関わらず、まずは表層から攻めていきます。反応があればそのレンジを攻めて、無くなってくれば少しずつ沈めて、徐々にレンジを下げていきます。

 

自分が多用するルアーはマニック【DUO】とジェリーサーディン【JACKALL】。

共に基本はゆっくり巻くだけ。 流れがある場合はドリフトさせれば尚良いと思います。

それでもバイトが無ければ、思い切ってボトムを狙います。ボトム狙いで使用するルアーは10〜20gのメタルジグで、流れや深さによってウェイトは使い分けます。

誘い方は底バチや小イカを意識して、ボトムからのスローリトリーブかボトム付近でのリフト&フォール。ここでのキモはシルエットが小さ目のジグを使うこと。小さいほうが反応が良いようです。

 

使用タックル

使用するラインは、シンキングペンシル、メタルジグ共にサンラインの『ソルティメイト スモールゲームFCⅡ』3〜4lbを直結で使用しています。

サンライン公式「ソルティメイト スモールゲームFCⅡ」詳細ページはこちら

これで、不意に来るシーバスやアジ等にも全然対処できていますよ!

さて、何故フロロ直結かと言うと、自分の様な悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、ナイトゲームで老眼、しかも海の上となると…老眼鏡を掛けてもPE+リーダーを結束するのにかなり時間が掛かってしまいます。

メバルは繊細な釣りで、時合いに如何に手返し良く釣るかで釣果も大きく変わってきます。

できるだけノントラブルで、時合いに集中したいので私は直結で使用しています。

大阪湾では5〜6月が良型メバルの最盛期です。是非、皆様もプラッキングでチャレンジしてみて下さい!

GOOD FISHING !

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!