ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカルの釣果直結! 虫ルアー3種を紹介【バグドッグ・RVバグ・直トンボ】

時期的に虫ルアーが使いたくなるタイミング!

現在は各社から様々な虫系ルアーが出てますよね。浮くソフト虫、沈み虫、プラグ系虫などなど。

今回は、そんな数ある虫系ルアーの中から、ジャッカルから登場しているものをまとめご紹介してみます。

紹介する虫ルアーは以下の3点!

 

まずはバグドッグから!

バグドッグ【ジャッカル】

虫ルアー好きの加藤誠司さんが、これまでため続けてきた虫ルアーに関するノウハウをドバドバっと詰め込んだ特殊ムシルアー!

リアルな虫の見た目、リアルな虫の表面張力など、とにかくリアルな虫をモチーフとして、開発が進められたという逸品。

加藤さんが自身のアイデアをルアーというプロダクトに落とし込むにあたって、様々な素材でテスト。

最終的に10年近くシークレットとして温め続けてきたというビニール製透明ウイング、そしてラバー製レッグ、ABSプラスチックボディ、エラストマー性フックホールを採用するなど、色んなマテリアルを使い、自身のアイデアを形にしたのでした。

Name Length Weight Type Price
バグドッグ 37mm 3.1g Floating ¥1,280(本体価格)

ジャッカル公式バグドッグ詳細ページはこちら

 

それではバグドッグの特長を細かくみていきましょう

リアルな虫のようなPE製 羽根パーツ

加藤さんが最もこだわったパーツの1つなのが羽根で、最終的に極薄のPE素材を採用。本物の虫の羽根に近い表面張力を活かし、神経質なバスに口を使わせることが可能に!

 

シリコン製のレッグ(脚)パーツ

ボディ下部にセットされたシリコン素材の脚は虫を忠実にイミテート。水面での姿勢が安定、移動距離を抑えることに貢献

 

エラストマー製フックストッパーを採用

ヘッド部分にはエラストマー製のフックストッパーが配置されていて、フックをチョン掛けした時にフックズレを防止してくれます

 

パーツが交換ができる

バグドッグの羽根と脚のパーツは、傷んだ際に簡単に付け替えられるようになっています。

※パーツの交換についてはジャッカル公式のこちらをチェック

 

実際、どんな感じで使うのか? については動画をぜひチェック

リアルを求めた表面張力。“BUGDOG“ PV (バグドッグ) / 加藤誠司 秦拓馬

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

カラーはムシ愛いっぱいの全10色

背中を見やすくしれているカラーが多いのがウレシイですね!

それでは、1つ1つ見ていきますね。

グリーンカナブン

グリーンカナブン

スズメバチ

スズメバチ

ホワイトシロヒトリ

ホワイトシロヒトリ

バグブラック

バグブラック

 

バグスケルトン

バグスケルトン

バグチャート

バグチャート

 

バグピンク

バグピンク

 

チャートバックゴーストシケーダー

チャートバックゴーストシケーダー

ピンクバックシケーダー

ピンクバックシケーダー

 

 

羽化ゼミ

羽化ゼミ

バグドックは、やりスギ感も感じるぐらいこだわり虫ルアーですね。

 

1 / 3
次へ