ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タダ巻き&ジャーク対応!スリムシルエットが特長のシマノ「サゴシジグ」。

投げる、落とす、しゃくる。近年流行のショアジギング。

そんなショアジギングでハマチやタチウオなどと並び、釣って楽しい食べておいしい好ターゲット「サワラ(サゴシ)」。

で、4月に登場したのが、シマノのサゴシジグ。

もう、チェックはしましたか?

サゴシジグという名前の通りサゴシ用。…なんですが、他にもいろいろ釣れそうなジグなんです。

 

COLTSNIPER サゴシジグ

巻くだけでアクションし、ジャークを入れるとダートする「サゴシジグ」。

出典:シマノ

まず見た目に、スリムシルエットでいかにもって感じ。28g・35g・42gまでの3サイズで、イワシやマイクロベイトなど、どんなベイトのシチュエーションにもハマりそう。

ライト目なラインナップなので、ショアジグ専用タックルはもちろん、シーバスタックルで扱えるのも嬉しいポイント。

写真は展示会で撮影したもので、安全面から針先は折ってあります

 

アクション

タダ巻きでは、ベイトが逃げ惑っているようにオートマチックにテールをフリフリ。

リアのトリプルフックにサゴシがチェイス。

 

もう一つのアクションはダートスライド。これはエビをイミテートしたアクションだそう。

非常にスリムな形状で、左右に大きくキレイにダート。

ダートで使用する時はリアのトリプルフックを外すと、よりダート幅が大きくなります。

ヒラヒラ・キラキラとローリングを伴うフォールとの組み合わせが、サゴシはもちろん、青物全般に間違いなさそう!

 

アクション動画はこちら

出典:SHIMANO TV公式チャンネル

 

実釣動画もチェック

出典:SHIMANO TV公式チャンネル

うんうん。やっぱりサゴシだけでなく、イロイロな魚に効いてます。

それにジャーク時にあんまり激しくシャクっていない。「軽い入力でしっかりアクションしてくれる」ということですね。

 

狂鱗カラーの全7色

加えて「狂鱗」です。

本物のイワシから鱗を採取し開発がスタートしたというシマノ独自のホログラムが全7色に採用されています。

001 キョウリンイワシ

002 キョウリンBP

003 キョウリンピンク

004 グリキンイワシ

005 キョウリンシルバー

006 キョウリンゼブラ

007 キョウリンゴルド

 

28g・750円/35g・780円/42g・820円。

フロントフックは28gがオリジナルフロントアシスト伊勢尼形状 太軸#14、35gと42gが同#15。リアフックはいずれも#4。

サゴシをはじめ、青物が回り始めるタイミングまでにぜひ。

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。