ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バス釣りルアーの使い方】ラバージグ編【琵琶湖-春夏対応=解説=松下雅幸、冨本タケル、庄司潤】

解説=冨本タケル Takeru Tomimoto

獲れる魚はすべて釣るが信条。オールラウンドスタイルで琵琶湖を駆け巡るプロガイド。輝かしい戦歴の持ち主(2013B.A.I.T第1戦2位、BIWAKO OPEN 第4戦2位 、 年間4位。2014B.A.I.T第1戦 2位 、第2戦 2位、第3戦優勝、BIWAKO OPEN 第1戦2位 、年間5位。2015B.A.I.T 第1戦優勝)。愛知県出身・在住。1970年8月生まれ。「サブマリンガイドサービス」http://submarineguide.jimdo.com/

獲れる魚はすべて釣るが信条。オールラウンドスタイルで琵琶湖を駆け巡るプロガイド。輝かしい戦歴の持ち主(2013B.A.I.T第1戦2位、BIWAKO OPEN 第4戦2位 、 年間4位。2014B.A.I.T第1戦 2位 、第2戦 2位、第3戦優勝、BIWAKO OPEN 第1戦2位 、年間5位。2015B.A.I.T 第1戦優勝)。BIWAKO OPEN2016年間15位。愛知県出身・在住。1970年8月生まれ。「サブマリンガイドサービス」http://submarineguide.jimdo.com/

●琵琶湖ガイド情報●
submarine guibe  ガイド受付☎090-8951-4647
出船マリーナ ボートヤード・フロントライン(滋賀県草津市志那中町124ー1)
ガイドエリア 全域
ホームページ http://submarineguide.jimdo.com/
ブログ http://submaringu.exblog.jp/
使用ボート…チャンピオン196 DC
遊漁船登録番号:愛知4301号
IMG_2162
釣行に役立つオススメ情報サイト=BRUSH」釣果はもちろん、天候や水位等琵琶湖のバスフィッシングに関する情報満載
琵琶湖オススメランチどころ=ヤマハマリーナのパスタランチ。ボリュームもあってオススメです。

パスタランチ
3種よりお選びいただけるパスタをメインにしたランチです。
料金 1,300円(税込) ご提供時間 11:00~14:30
【コース内容】
バゲットパン、ミックスサラダ
パスタ(下記3種よりお選びください)
A. オイルベースまたは和風、B. クリームベース、C. トマトベース
フリードリンク

出典:ヤマハマリーナ琵琶湖=ラ・セリアのパスタランチ

ラバージグたけもと

IMG_2080a

シチュエーション解説
四方を囲まれた穴は春の訪れが早く、大規模な穴や、それに隣接するハンプやブレイクはバスのストック量が多い

下物の浚渫エリアにはいろいろなタイプの穴がある。例えば、四方を囲まれた小さな穴や、大規模な穴、岬状に張りだした堀り残しなど。そんな中からどんな穴を狙えばイイのか? だが、BWに絡んだ穴、まったく流れが絡まない穴などを時期や状況に合わせて選択する必要がある。

そこでここでは、いろんなタイプの穴に対する基本的な考え方を紹介したい。まず四方を囲まれた穴は越冬するバスが多く、春の訪れが早いといえる。一方、大規模な穴やそれに隣接するハンプやブレイクは、魚のストックが多い。なのでタイミングが合えば大釣りできる可能性がある。次に流れが当たる穴は季節感が遅く、逆に流れが当たらない穴は季節感的には早い場合が多い。

こういった基本的な考えを整理して、狙う穴を探してみると正解にたどりつくスピードは早いだろう。そして当たった時のよろこびはまさしくバスフィッシングの醍醐味なので、ぜひみなさんにも実践してほしい。

パターン解説
ハンプへ向かうコンタクトポイントをウイード攻略型ラバージグで攻める

ここでは人気エリアの1つである下物の浚渫について、スポーン絡みの季節に有効な攻略法を紹介したい。下物の春だが、産卵に向け動きだしたプリスポーナーは、深い穴から徐々に浅い穴へと歩みを進める。そして常に高低差のある壁に沿って、産卵場所となるハンプへと移動する。
そんな中、私が狙いをつけるスポットはハンプへ向かう途中にバスがコンタクトする最終の地形変化だ。そして昨今の下物浚渫エリアではウイードも越冬するので、投入するルアーはフットボールジグではなく、ウイード攻略に特化したパワーグライドジグだ!

PDL パワーグライドジグ

PDL パワーグライドグ http://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/637 素材 ヘッド:鉛、スカート:シリコン

ハンプへ向かう途中にバスが最後にコンタクトするポイントには必ずウイードが存在する。そのウイードにラバジを適度にスタックさせ、外す。この着脱アクションがプリスポーナーを狂わせるのだが、パワーグライドジグはこのアクションに特化したジグとなっており、結果がでやすくなっているのでオススメだ。
穏やかな小春日和、産卵という目的を果たすために浅いレンジに一気に差してくる春特有の体型をしたビッグプリスポーナーをみなさんも狙ってみてほしい

 

ベストマッチルアーはコレ!
PDL パワーグライドジグ【ティムコ】
フラッピンホッグ【ティムコ】

パワーグライドジグには4種類のウエイトがある。具体的には5、7、10、14gだ。この4種を水深やウイードの種類によって使い分けている。
私の場合メインは10gで、6mまではカバーできるので1番使用頻度が多い。そしてウイードが絡み抜いてきてしまうような場合は7gや5gをチョイス。
ちなみにカラーはシルエットのハッキリする、黒系のブラック/パープルやハマバグがオススメだ。そしてトレーラーは低水温に強いゲーリー・フラッピンホッグ。バルキーなボディはプリスポーナーの大好物だ。

IMG_2161

 

冨本タケル ラバージグパターン使用タックル

■使用タックル…フェンウィック・ゴールデンウィングフェンウィック  GW610CMHP+J(ティムコ)+メタニウムMGL  XG(シマノ)+シューター・FCスナイパー16㍀(サンライン)するビッグレイクで、日本で随一のデカバス出現レイクとして知られる琵琶湖。

品番 ギア比 最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール(径/幅) 糸巻量
ハンドル1回転 ハンドル長
ベアリング
本体価格
(円)
メタニウムMGLXG LEFT 8.5 5 175 34mm/22mm ナイロン(lb-m)12-100、14-90、16-80、20-65 最大巻上91cm 48mm S A-RB/ローラー=10/1 44100

 

ロッドモデル 長さ ライン ルアー 平均重量 アクション 税込価格
フェンウィック GW C GW610CMHP+J 6’10” 10-20lb 1/4-3/4oz 99g MF 56,160円

IMG_2127

2 / 3
前へ 次へ