ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【なかなか貴重】3ピースで便利かつ本格仕様なオフショアキャスティングロッド「スパイク・トラベル」

今夏発売が予定されている天龍のNEWスパイク

出典:天龍

NEWスパイクはオフショアキャスティング用のロッドで、ビッグターゲットをキャッチするための本格派で登場が楽しみなロッドです。

【何が変わった?直撃!】天龍のオフショアキャスティングロッド・Spike(スパイク)がフルモデルチェンジ

遠征派には超便利なスパイク・トラベル

今回はそんなNEWスパイク…ではなく。

スパイクシリーズにはもうひとつ忘れてはいけない、そんな本格仕様はそのままに、遠征などに便利な3ピースロッド「スパイクトラベル」をご紹介。

超本格派で利便性も兼ねた3ピースのオフショアキャスティングロッドというのは希少。

出典:テンリュウ

パワー別の3モデルとも8ftで仕舞寸法93cm

スパイクトラベルはパワー別に3機種のスピニングロッドをラインナップ。

すべて全長8フィートの3ピースで仕舞寸法は93cm。国内外の空路利用でも肌身離さず持ち運べる設定なのがうれしい!

同レングスで仕舞寸法も同じ、あとは狙いたいターゲットに合わせたパワーをセレクトするだけと分かりやすいのもイイ。

MODEL LENGTH ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT(g) LINE
(PE)
DRAG MAX(kg) ROD WT
(g)
PRICE
SK803S-MH 2.44[8’0″] R 93 MAX100 MAX5 7 363 ¥55,500
SK803S-H 2.44[8’0″] R 93 MAX150 MAX6 10 378 ¥56,000
SK803S-HH 2.44[8’0″] R 93 MAX200 MAX8 13 394 ¥56,500

出典:天龍

リールシート部には所有感を満たす、西陣織仕様のカーボンパイプを採用しています。

リールシート部には、テンリュウおなじみの西陣織仕様のカーボンパイプが採用されていますよ。

ちなみにジョイント部には3機種それぞれのカラーが配置され、同レングスの機種ながらどれを差し込むかが分かりやすい工夫がされています。

3ピースの本格派は開発にも膨大な時間が

出典:テンリュウ

上の写真はプロトテスト時のもの。スパイクの名のもとにリリースされるロッドですから、キャストフィール、そしてファイト時の粘り強さと安定感はハイレベル。

実は3ピースでそれらを満足する仕上がりにするために、天龍のロッドの中でも膨大な時間をかけたロッドなんだそうです(実に5シーズンも!)。

それでは3機種をご紹介!

SK803S-MH

MHは10kg前後の魚種が対象に。

具体的にはブリ・ヒラマサ、そしてライトなGTなど。ほかにも淡水の怪魚系にもハマります。

100g以内のルアーが適合し、特に60~80gのペンシルベイトや抵抗の少ないポッパーには好適。

PE5号を上限とし、リーダー120lb前後が抜けるガイド設定となっています。

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ SK803S-MHで7.5kgをリフト

SK803S-H

HはMHからワンランク大型がターゲット。大型ヒラマサのパワフルでスピード感のある引きやGTなどを受け止めてくれます。キハダにもマッチ。

100~150gまでの誘い出し系ペンシルベイトが最も扱いやすく、抵抗の少ないポッパーにも対応。

PEラインは6号ほどが使いやすく(8~10号でも扱える)。170~200lbのリーダーが抜けやすいガイド設定。

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ SK803S-Hで10kgをリフト

SK803S-HH

大型ヒラマサ、GT、そしてツナにも対応するのがシリーズ最もパワーのあるHH。

ルアーMAXは200gで、これは大型ダイビングペンシルにマッチ。また抵抗の大きなポッパーでも扱いやすいのが特徴。

PEラインは8号までが扱いやすく、10号くらいまでは許容範囲。

出典:テンリュウ

出典:テンリュウ SK803S-HHで10kgをリフト

ガイドはオーシャントップガイド、オーシャンガイド、Kガイド(ステンレスフレーム、SiCリング)が採用されています。

3ピースでビッグターゲットを想定した「ガチ仕様」ってなかなかレアだと思うんですよね! ここ最近の事態が落ち着いたら、釣り旅に出掛けようなんて思っている方がいらっしゃったら、候補に付け加えてみてはいかが?

【公式製品ページは→コチラ

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。