ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天才バスに口を使わせる!今こそ見直したいエバーグリーンのプロップマジック!

突然ですが、浅瀬の見えバスが口を使わない、そんなとき皆さんならどうしますか?

トップ系でアピール?シャッドのアクション?もしくは表層を虫系で攻める?

など、いろいろ選択肢は多くあることでしょう。

出典:エバーグリーン

さて、今回は今だからこそもう一度注目してもらいたいルアーをご紹介!

今回はエバーグリーン「プロップマジック」です!

今こそ見直したい!スイッシャーの力!

スイッシャーといえばプロペラが回転することでアピール力をプラスさせる効果があります。

このスイッシャープラグ・プロップルアーなどと呼ばれているルアーにはシンキングフローティングがあります。

このプロップマジックは前者のシンキングタイプ

ペンシルやポッパーでは出せない波動を生み出すスイッシャー

スイッシャーといえばトップウォーターのイメージが強いかと思いますが、今回注目したいのがあえてのシンキング。

表層から中層をスピードと併せたプロペラからの波動で誘うアピールが最大の強みになります!

プロップマジックの詳細はエバーグリーン公式HPからチェック➤

飛距離×アピールそれがプロップマジック

プロップマジックの強みがその飛距離。

2ウエイトマグネット重心移動システムを搭載したことで、広い範囲を狙えるのは非常に魅力的です。

ボディの内部にある2ウエイトマグネットが重心移動することで飛距離が大きく伸びます

そして筆者が一番注目しているのが、着水後の姿勢の安定感

このポイントは意外と知られていない、しかし非常にアドバンテージが高いポイントになります。

着水してからの巻きはじめの姿勢はシンキングスイッシャーにとっては生命線

表層と中層の中間層をスピード感を持って引くことで、大きめのオリジナルのプロペラが引き感を強く出し、波動と併せてアピールになります。

バスを見切らせないルアーを引くスピード

追ってくるものの見切られてしまう経験はありませんか?

追ってくるバスに食わせるため、スピードを緩めたり、ルアーを止めて誘ってみたり、いろんなアクションを試したかと思います。

そんなときこそ使いたいのがプロップマジックです。

上)プロップマジック95 下)プロップマジック75

一定のスピード感を出しながらのアピールは見切りの達人(魚?)の天才バスも食らいつかせる力があります。

そのカギとなるのが止めないで誘う、スピード感のある引きです。※大事なのは巻きではなく引きというところ。

そもそもバスに捕食される魚の視点から考えても、追われて逃げているなかで止まるというのは不自然な話

追うバスからしても食べる機会を狙っているはずなのに、相手から止まる行動は怪しいと感じてしまいます。

だからこそ一定のスピードを出しながらルアーを引くアクションは、バスに違和感を与えず、かつ考える暇を与えさせないバイトにつなげるのです!

表層にバスが浮くときの誘う波動

なかなか目には映らない波動ですが、やはりバスには大きな影響を与えています。

これからの時期は特にバスの活性が上がり、小魚を表層まで追い込み捕食する季節。

小バスでも食わせきる力があります

バスが追っているのにルアーには反応しない、そんなときこそプロップマジックを使ってみてください。

ルアーローテーションに一つ加えたいオススメのアイテムです!