ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バッグの中身公開】三原直之さんの愛用陸っぱりバッグ「VS-B6070」の収納のこだわり

前回、三原直之さんが陸っぱりで愛用しているバッグのご紹介をさせていただきました。

三原直之さんが愛用する陸っぱりバッグは、使い勝手がよくてケースも付属する頼れるヤツ

MEIHOさんのフィッシングバッグ「VS-B6070」です。

ウエストタイプとショルダータイプの選べる2ウェイ仕様。大容量で、しかもタックルケース「VS-3020NDDM」と「VS-3010NDM」が付属!

記事の中にも書いていますが、三原さんはこのバッグに付属のケース「VS-3010NDM」をメインとしてイン!

※バッグに付属するケースは画像のスモークBKではなく、クリアになります。カラーが違うだけで、サイズは同じです

このケースを仕切りなしにして、ルアーをガサっと入れるスタイルなんですが、ルアー以外の収納は?

ということで、今回は三原さんの「VS-B6070」の中身を全公開しましょう!

三原直之さんの愛用陸っぱりバッグ「VS-B6070」の中身を全公開!

VS-B6070」には、メインの収納と、前面のポケット収納、そしてサイドにペットボトルなどが収納できるスペースがあります。

ルアーがまとめて入っているケース「VS-3010NDM」はメイン収納に入っているのですが(それでもまだまだ余裕あり)、そのメイン収納の前後にはメッシュポケットが配置されています。

三原さんは、このスペースにワームのパッケージをイン。

しかも、収納方法にこだわりがあって、ダッドカットフラットヘッドカーリーなどのベイトで使うワームを体に近い側に、反対の外側の方には、見やすくて取り出しやすいものをということで、スピニングでサイトでローテーションするようなワームを配置。

なるほど、さすがサイトフィッシングが得意な三原さんの、ちょっとしたことですが、差がつく収納方法です。

メインの収納は以上です。前述しましたが、まだまだ余裕で入りますが、三原さんは必要なものを最低限で、機動力優先といったところでしょうか。

続いて前面のポケット!

前面のポケットにはフックやシンカー系をまとめて収納。

前面の方にもメッシュポケットが配置されていて、小物の小分けがしやすいのがうれしいところですね。

ちなみにメッシュポケットにはシンカー系を収納。ポケットは仕切られているので、ざっくりですが、重めと軽めのシンカーを分けて配置しています。

そして、フック系ですが、パッケージのまま入っているものと、小物ケースに収納しているものとあります。

オフセット系などの大きめのフックは、取り出しやすいのでパッケージのままで。

サイトなどで多用する小さめのフックは、防水で錆からも守ってくれて、中身が見やすいケースを2種類使用しています。

小物収納に便利な「WG-9」「WG-6」

この2つのケースは愛用歴が長いそうで、かなりのお気に入りだそうですよ!

最後に、サイドにはプライヤーなどのツール系を配置。

ツール系の収納は、専用バッグならではの設計。取り出しやすくでいいですよね!

三原さんの陸っぱり収納、いかがだったでしょうか?
極めてシンプルながら、その中にこだわりがある三原さんの陸っぱりバッグ収納。
瞬時の判断、素早いルアーチェンジこそが、釣果を左右するバスフィッシングにおいて、三原さんの収納は無駄のない、さすがトップトーナメンターといったスタイルですね。
ということで、みなさんも三原さんのスタイル、陸っぱり収納の参考にされてみてはいかがでしょうか!