ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エビ?ムシ?一度見たら忘れない系、新登場「コイケシュリンプビッグ」の使いドコロと豆知識。

寄稿:松本 泰明
オススメはノーシンカー

その中でも、これからの季節に僕がオススメするのはやっぱり唯一無二なフォールアクションを生かした、ノーシンカーリグが1番のオススメセッティング!

 

これからの季節…といわず、冬場でもズル引きなどで実績は十分。 通年を通して、渋い状況などで「喰わせの切り札」として投入しています。

ノーシンカーで使用するポイントは、Coike Shrimp Bigが水平にスローフォールし周りの複数の毛がピリピリ!ビリビリ!ランダムに動きバスにアピールしてくれるところ!

アングラ―側がCoike Shrimp Bigを動かす際にシェイクやトゥイッチなどのアクションをつけるのももちろん良いのですが、ノーシンカーのスローフォール時の“複雑な毛のナチュラルな動き”は、人工的なアクションでは絶対に作り出せない!と思うんです。

なので、僕の使用方法はノーシンカーリグでバスが居そうだなっと思うエリアにキャストして、ラインをしっかり送り出してボトムに着くまでラインを張らずにフォール!

後は勝手にCoike Shrimp Bigが水中でバスを誘い出してくれます。

 

まぁ、これがフィールドやシチュエーション問わず、本当によく釣れるんです!

エビが多い所ではエビ、ムシが多い所ではムシに見える…という、ある1つのベイトに特化せず、いろんな状況にアジャストできる独特なフォルムというのも、シチュエーションを選ばずに効く理由なのかなぁと。

フックサイズは4/0~5/0がオススメで、フッキング重視で僕は少し大きめの5/0サイズを使う事が多いです。

 

オススメカラーはこんな感じ

#141 ナチュラルグリーンブルー

#242 エビダッピ

 

#141 ナチュラルグリーンブルーをメインに使用し、クリアな状況では#242 エビダッピにローテーションするパターンが多いですね。

 

2 / 3
前へ 次へ