ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカル秦拓馬プロデュースの「ジューブル」を海で使うと…。優秀なルアーはやはり万能だった件

昨年末、ジャッカルより秦拓馬プロのプロデュース「ジューブル」が発売され話題となりました。

出典:ジャッカル

「ジュウ=柔」のボディにブルブルとアクションすることから付けられたその名の通り、ソフトボディとバイブレーションのヘッドの組み合わせは、難関エリアのバスたちを仕留めてきました。

性能に関してはもはや説明不要、開発秘話などはぜひ秦拓馬さん俺達。チャンネルでチェックしてみてください!

出典:YouTube「秦拓馬☆俺達。チャンネル」

秦拓馬の実は…!ジューブル開発秘話

「優秀なルアーって、いろんな魚が釣れる」

以前、秦拓馬さんジューブルを解説する際、「優秀なルアーって、いろんな魚が釣れる」と話していたことがありました。

つまりこのジューブルもブラックバスに限らず、フィールド問わず様々な魚に効く……ハズ。

そう思い立ってジューブルをアレンジし、海へと足を運んだこともありました。結論からいうと、ソルトでも使える!です。

ビックバッカーソフトバイブと同様に後ろにもフックアイがあるため、ブレードやダブルフック、ブレードなど状況に併せて、チューンが可能!リトリーブ中はヘッドのウエイトによりルアーが前傾姿勢になるため、根掛かり防止に後ろのアイにフックをつけるのもいいかもしれませんね。

ダブルフック付 フックを後ろに変更 ブレードの3パターンでアレンジ

ジューブルは海でもほぼ「エサ」だった

海で実際に使ってみるととにかく飛距離が出せます。ルアーの分類としてはバイブレーションに含まれるので、当たり前かもしれませんが、これは大きなアドバンテージ。

当時使用したポイントは磯。しかし広いエリアでサーチアクションができ、河口シーバスなどのオープンエリアでも有効ではないかと感じました。

また、手元に振動、アクションが伝わるので水中の障害物などの感知やアタリもしっかり分かります。ビックバッカーソフトバイブでは乗り切らない、ベイトが小さい時などにも使えそうですね!

ちなみに、その時はマダイが釣れました。リフト&フォールのアクション中にガツンと強いアタリが!

ジューブルをバックリと食べています。後ろのアイのフックが口の中に刺さっていることからも完全に捕食対象(エサ)として捉えているようですね。

ジューブルは魚から見ても完全にエサです!

巻いて楽しく、とにかく釣れるルアー、それがジューブル

釣りというのはやはり、釣って楽しむのが醍醐味。しかし、ジューブルはバイブレーション系のいわゆる巻きモノなので常に手元に振動やアクションが伝わります。

放置して待つ釣りよりも「釣りしている感」も味わえるので、そういった意味でも楽しめる要素が多くあるかと思います。

秦拓馬さんの「優秀なルアーって、いろんな魚が釣れる」の言葉通り、ブラックバスだけでなく様々な魚種が狙えることが判明しました。ぜひ、皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

秦 拓馬(Hata Takuma) プロフィール

日本のみならず世界のフィールドをトコロ狭しと走り続ける、ご存知「ダウザー俺達。」近年はYoutuberとしても大活躍中! 

ジャッカル(Jackall)

1999年、現会長・加藤誠司氏と現社長・小野俊郎氏により設立。所在地は滋賀県大津市。国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ、アジアでも釣具の販売を展開。ルアーフィッシングの各ジャンルのアイテムを網羅、開発力が高いことでも知られている