ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ショアからブリ!】ジャッカル・ビッグバッカーに「鰤カスタム」が登場

ジャッカルの「ビッグバッカー」に、大型青物を想定したストロングスタイルな「ビッグバッカー107鰤カスタム」が登場。鰤です、ブリ! ブリクラスの大型青物を想定したビッグバッカーです。ショアから投げてブリ!そんな夢のような釣りの頼れる相棒になりそうです。

どこが変わった?鰤カスタム

ブリなど大型青物を想定したということですが、これまでのビッグバッカーとどこが変わったのかを見てみましょう!

3フックから2フック仕様に変更し、フロントフックアイの稼働域を狭めることで、大型フック搭載によるフック背負いのトラブルを軽減

3フックから2フックに
オリジナルのビッグバッカーが3フックだったのに対して、鰤カスタムは2フック。3フックの利点は3点に掛かれば負荷を分散できバレにくいというもの。ところが、想定するのはブリなどの大型青物。従来のフックサイズでは強度面で不安が残ります。

こちらはオリジナルのビッグバッカーで、主にシーバスを想定した3フック

ならばフックをデカくすれば…となるのですが、大きいフックが3本となるとフック同士が絡むなどのトラブルが発生するワケです。元来のビッグバッカーはシーバスをメインターゲットにしていたため、首を振った時などにバレる確率を軽減するために3本フックでした。それに対してこの鰤カスタムはフック強度自体を大きく上げたわけです。

標準装備されるのは#2線形1.34mmのストロングフック。ブリとのガチンコ勝負が楽しめるはずです。また刺さりバツグン、防錆効果のある特殊コーティングがされているのも特徴です。

平打ちスプリットリング標準装備
スプリットリングも10kgを超えるブリでも安心な平打ちのスプリットリングを標準装備。

リアルシェイプも魅力

鰤カスタムのもう一つのウリが、そのシェイプ。細身です。イワシ、キビナゴなどブリが好きそ~なベイトをイミテートしたリアルなシェイプとなっています。

そしてショアキャスティングタックルで扱えるウェイト(43g)でありながら飛距離もバツグン! よく見ると頭から腹部にかけてウェイトが集中しているのが分かります。前方にウェイトが集中することで、安定したキャスト姿勢で飛びます。また、細身のシルエットは潮が速いシチュエーションでもレンジ攻略が容易になっています。

43gのウェイト設計は一般的なショアキャスティングタックルで使用可能 。推奨タックル:BRS-S96M・S106MH・S100MH-SJ メインライン:PE1.5号以上 リーダー:30lb以上

下地となるホロシートにも注目!

カラーローテーションは、どんな釣りでも大事ですよね。鰤カスタムも全8カラーがラインナップされているのですが、カラーとともに注目したいのが下地となっているホログラムシート。

実はレンズホロ、スリムボーダーホロ、マグマウェーブホロ、ミラーホロの4種類が採用さているのです。各カラーに「スリムボーダーホロ」とか「ミラー」とか「レンズ」とか表記されているのがソレです。

グリキン/マグマウェーブホロ

イワシ/スリムボーダーホロ

ミラーシルバー

レンズシルバー

海中に入ると、キラメキ方が違うので、カラーはもちろん「ホロの種類」にも気を配ってチョイスするとよいかもしれませんね!

全長107mm、ウェイト43g。本体価格1,430円。