ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

数釣り能力も高いイガジグスピンの使い方を監修した張本人「五十嵐誠」が詳しく解説

こんにちは!
プロアングラーの五十嵐誠です。

今回は私の自信作ルアー「イガジグスピン」について語らせていただきます !

五十嵐誠  makoto igarashi  1985年生まれ、落花生の名産地・千葉県八街市出身。 野尻湖、河口湖、桧原湖、亀山ダムでプロガイドとして活動中。 ちなみに… 昨年まで、長きにわたってJBトップ50メンバーとして大活躍。 今年は一旦、トップ50参戦を休止中。

五十嵐誠-公式ブログ(アメブロ)
https://ameblo.jp/08530312/

ガイド情報
https://igarashi.bassguide.jp/

  

 

五十嵐誠  監修「イガジグスピン【ジャクソン】」

ジャクソン公式イガジグスピン詳細はこちら

Size Weight Type Hook Quantity Price
29mm 5g Sinking #16 2 ¥1,200(税別)
31mm 7g Sinking #16 2 ¥1,200(税別)

 

イガジグスピン関連記事

配信記事はこちら

 

イガジグスピン水中アクション動画

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

これからの時期に威力を発揮するのがイガジグスピン

イガジグスピンは、これから秋にかけて威力を発揮してくれるルアーです!

というのも、これからの時期は、イガジグスピンが得意とする横の動き&ブレードの振動、フラッシングにバスが反 応しやすくなるタイミングだからです。

 

ちなみに現在、僕のホームレイクである野尻湖では8月上旬現在まだチョッ ト早いかな って状況なのですが。釣れなくはないといったところです・・・(笑)。

さてイガジグスピンの僕的なエリア選択と使い方を紹介していきますね!

 

使いやすいのがフラットエリア

使いやすいエリアなのが『フラットエリア』です。

フラットエリアは同じ水深の範囲が広く、ロングキャストしてもボトムまで沈 む時間がほぼ同じなので、イガジグスピンの釣りのリズムがつかみやすいです!

イガジグスピンはボトムでステイさせずに常にブレードを回転させ続ける系のルアー なのでボトムまでつくのにどれくらい? というのが分かりやすい方が 最初のうちはやりやすくていいと思います!

1 / 3
次へ