ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

沖磯&沖堤防の青物・回遊魚ゲーム基礎講座【ショアジギほか】

みなさんこんにちは! 「駿河の黒豹」こと 、井熊・亮(いくま・りょう)です!

 

 

 

夏真っ盛り。私が今、ホームとしている静岡サーフではペンペンシイラやワカシ、ソウダガツオが釣れていまし、関西でも沖磯や沖堤などでのシイラの釣果が増えてきてますよね!

今年は黒潮が大蛇行していて回遊魚の釣りがキビしくなっていますが、基本をおさえてキチっと攻めれば間違いなくゲット率はアップします!

というわけで、今回は沖磯や沖堤防で回遊魚を狙う場合に必要なノウハウをご紹介させていただきます!

 

と、その前に、沖磯や沖堤防の回遊魚ゲームってどんな感じなのか? イメージが湧かない人もいるかもしれません。ちなみに私が実際に沖磯、沖堤防で回遊魚ゲームの実釣を行った動画があるので、まずはそちらをチェックしていただき、どんな釣りなのか?イメージしてもらうことができれば うれしいです!

 

渡船利用の沖堤防での実釣動画・夏のシイラゲーム
沖堤防の実釣動画です!
渡船で渡る足場がイイ釣り場なのが沖堤防! で、私が好きな沖堤防の1つで、この動画で釣りを行っている場所なのが少々の荒れでも渡船が可能で足場が良い和歌山の小浦一文字(照ちゃん渡船)。
ここは親子連れやカップルにオススメできる沖堤防です。
小浦一文字の中でも灯台下の沖向きは足場は高いがアングラーがこぞって場所取り合戦が行われる人気ポイントであり潮通し抜群。
さらに反対側のテトラ内向きも意外とおすすめスポットです。ちなみに今年私が入った時、内向きは時合いが長く今年はお昼にかけてずっと釣れ続きました。

 

渡船利用の沖磯での実釣動画・ショアジギ!ソウダガツオ&シイラゲーム

沖磯ゲームの実釣動画です!ちなみにこの動画撮影の場所は私がいつもお世話になっている和歌山県大引(おおびき)の沖磯(上野渡船)ちなみに私的にオススメなスポットは一番潮通しが良い「アシカの親」。

ここはシイラや回遊魚の宝庫となっているんです。去年と今年は「アシカの親」にはウネリで乗る事が出来なかったけど、乗れるなら是非ともオススメできる1級磯です。

 

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

さて沖堤防と沖磯での回遊魚ゲームの動画を見ていただいたら、だいたいの釣りの雰囲気は分かっていただいたと思うので、それではここからは、沖堤防&沖磯での回遊魚ゲームで釣果を伸ばすためのノウハウをお伝えしていきますね!

具体的には回遊魚狙いでのオススメテク! オススメルアーについて! それから飛距離を伸ばす方法! ロッドワークなどを動画をまじえつつご紹介したいと思います。参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

 

回遊魚狙いでオススメしたいテクは「スキッピング」

動作は簡単! ルアーが着水した瞬間からロッドを立てて直ぐにリールを巻きファーストリトリーブでルアーを水面滑走させるだけ

沖磯や沖堤防からの回遊魚狙いではトップウォーターでの釣りが一番スリリングで楽しいんですが、上手く動かせないよっていうアングラーも多いと思います!

そんな人にぜひオススメしたいテクニックが「スキッピング」です。

 

スキッピングって何? っていう人も多いと思うんですが、具体的にはルアーを水面で故意に滑らせ水しぶきをあげてベイトが逃げる動作を演出するテクニックです。

動作はスゴく簡単で、キャストしルアーが着水した瞬間からロッドを立てて直ぐにリールを巻きファーストリトリーブでルアーを水面滑走させるだけ。

 

動作は簡単なんですがスキッピングに適応しているルアーはけっこう限られています。

ちなみに私がスキッピングでよく使うルアーが「飛び過ぎダニエル40g」、「マッスルショット90/115」、「ギャロップシリーズ」の3つです。

それぞれ簡単に紹介してみますね!

 

飛び過ぎダニエル40g

「飛び過ぎダニエル40g」は飛距離が半端なく、広範囲を素早くチェックでき、また浮き上がりやすいのでスキッピングがさせやすいルアーです。

またルアー後方にブレードが搭載され水面で泡を発生し、ブレードのキラめきでの集魚効果が絶大なのでオススメです。

40gモデルではテールにブレードを装備、さらにリアフックはトレブルフックが標準装備されています!

Size Weight Type Hook Price
83mm 40g Super Sinking #6 ¥1,250

ジャクソン公式飛び過ぎダニエル40g詳細ページはこちら

 

 

 

マッスルショット90/115
 

「マッスルショット90/115」は回遊魚狙いで使いやすいシンペン!

浮き上がり能力が高くスキッピング能力は非常に高いです。あとカラーラインナップを見ると分かるように、リアルベイトカラーがかなり多いのも特長です。

なのでスレているポイント、一度ミスバイトが起こったポイントだったとしても再びバイトに持ち込めるルアーなので重宝します。なおヘッド部分の下アゴが少し飛びだしているので、水面で水を確実にかみバブルを発生してアピールでき、集魚力が高くなっています。

ジャクソン公式マッスルショット詳細ページはこちら

Size Weight Type Hook Quantity Price
9cm 30g Heavy Weight Sinking ST-56#4 1 ¥1700
ジャクソン公式マッスルショット・マグナム115詳細ページはこちら
Size Weight Type Hook Quantity Price
11.5cm 45g Super Sinking ST-56#2 1 ¥2000
ギャロップアシストロングキャスト

「ギャロップシリーズ」のスキッピングでよく使うルアーが「ギャロップアシストロングキャスト」。

このロングキャストはギャロップアシストシリーズの中で、飛距離を出すことに特化したモデル!
表面積を減らしたコンパクトデザインで後方重心。ジグを触って見てるだけでもロングキャストできるのが分かるはず!

ジャクソン公式ギャロップアシストロングキャスト詳細ページはこちら

Size Weight Hook Price
45mm 22g F#11 R#10 ¥680(税別)
52mm 32g F#12 R#8 ¥740(税別)
56mm 42g F#13 R8 ¥780(税別)

ちなみにギャロップシリーズ全てでスキッピングは可能ですが、飛距離も出て操作を行いやすいものとして「ギャロップアシストロングキャスト」をおすすめします。

「ギャロップシリーズ」はメタルジグなのでスキッピングだけではなく、表層ではなかなか食わす事が出来ない状況の中でもシャクリ方で誰でも簡単にルアーを操作することが可能。

YouTube[釣りジャック]の動画の中でも「青物を釣る3つのロッドアクション」という感じで解説させていただいているので、ぜひご覧ください。

出典:YouTubeチャンネル「釣りジャック」

 

 

 

さらに陸っぱりで他の人よりも釣果に差を付けたいなら…。

1 / 2
次へ