ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【これからルアーフィッシングを始める人へ】1本で複数の釣種をカバーするロッド

これからルアーフィッシングを始めてみたいと思って「ルアーニュースR」に辿り着いた皆様、誠にありがとうございます(笑)。

好きそうな釣りの記事を読んで情報収集、実際のアクションをムービーでチェックなど、お役に立てていれば幸いです。

色々な釣りがあって、道具も違う。これから始めてみようという人にとっては、「始めるのに安いのは不安だし、高いのはメチャ高いし」という声がリアルなところではないでしょうか。

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

ということで、今回はエントリーにも最適なロッドをご紹介。ピュア・フィッシング・ジャパン(アブガルシア)のソルティスタイルシリーズから「ソルティスタイルトリプルコンセプト」です。

オススメ理由としては…
①1本で3つの釣りに対応してくれる
②コスパがよい!
の2点です。

シーバス、エギング、ライトショアジギングを1本で

1本でカバーできるメインターゲットは、シーバス、エギング、そしてライトショアジギングの3種。ほか、タチウオワインドや海トラウトにも適応してくれます。

ロッドはそのままに、ルアーなどを少し変えれば色々な釣りに対応できるので、エントリーアングラーにはもちろん、初めて行く場所で「何が釣れるか分からないから、とりあえず」的な使い方もできると思います。

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

20,000円で竿購入+チョイ飲みくらいはできる

トリプルコンセプトは3機種ありますが、いずれもメーカー希望本体価格は17,500円とリーズナブル。20,000円を握りしめて購入して、帰りに竿を見ながらウットリとチョイ飲みくらいはできる金額です。

リーズナブルでハイパフォーマンス

リーズナブルなだけでなく、パーツやテクノロジーは最新のものを組み込んでいて、高コスパ!

ブランクス
ロッドのブレ、ネジレを防止し強度を上げるため、カーボンテープでX状にブランクスを締め上げる「Xカーボンテープラッピング」が施されている。ガイド
小口径で軽量、FujiのKRガイドコンセプト採用。ガイド重量約50%軽量化、感度も上昇!

 

リールシート
スピニングモデルには富士工業のリールシート、フィット感に優れるVSSシート採用。ベイトモデルには握りやすく、キャスト精度も向上するPTSシート採用。

ソルティスタイルトリプルコンセプトのスペック

SSTS-882MLT-KR

タイプ 継数 全長(ft/cm) 仕舞寸法(cm) 標準自重(g) ルアー(g) エギ(号) PE(号) パワー テーパー/アクション
スピニング 2本 8’8″/264 135.0 146 5~30 2.5~3.5 ~1.5 ミディアムライト レギュラーファースト

SSTS-902MT-KR

タイプ 継数 全長(ft/cm) 仕舞寸法(cm) 標準自重(g) ルアー(g) エギ(号) PE(号) パワー テーパー/アクション
スピニング 2本 9’0″/274.3 140.5 156 7~40 3~4 ~1.5 ミディアム レギュラーファースト

SSTC-912MT-KR

タイプ 継数 全長(ft/cm) 仕舞寸法(cm) 標準自重(g) ルアー(g) エギ(号) PE(号) パワー テーパー/アクション
ベイト 2 9’1″/276.8 142.0 167 7~35 3~4 ~2 ミディアム レギュラー

いずれも、シーバス、エギング、ライトショアジギングに向くので、あとは好みですかね。ライトショアジギで遠投を求めるなら902とか、逆に取り回しがよいやや短めを好むなら(例えばエギング)882など。性能には差がないので、自身に合った1本を!

発売は7月が予定されています!