ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オーナーばりの「投次郎」は“動き過ぎない”デキるジグ

動かざること山の如し…なんて言ったとか、言わないとか。そんな戦国武将がいた気がしますが。

何事もホドホドに…ってのが、ナイスな結果を生むことって多々ありますよね。

オーナーばりから登場したライトショアジギング用のメタルジグ「投次郎」は、動き過ぎず、ナチュラルな動きで魚に口を使わせてくれるアイテムです。

特徴を挙げてみます。

超コンパクトシルエット
投次郎はシルエットが小さく、ベイトフィッシュが小さい時に特に効果を発揮してくれます。

ジャークでの動きを抑え、スローな水平フォール
ジャークの動きを抑えた設計で、水平姿勢を維持したままゆっくりとフォールしていきます。これは、あまり跳ねさせないことで、ターゲットがジグを見失わないばかりか、フォール速度もゆっくりなため、しっかりと食わせの間を与えることにもつながります。

「投技フック」標準装備
アシストフックには、投技フックが標準装備されており、フックが軽く、飛距離が出てジグの動きも妨げない。さらには貫通力も兼ね備えています。

そしてフックに装着してあるティンセル(フラッシャー)がフックの内側に装着されているのですが、コレ、ティンセルが水の抵抗を受けると、ハリが内側に向くようになっています。これで得られる効果は、根掛かりの回避。高い根掛かり回避能力も備えています。

ウエイト(全長) フック 価格
20g(60mm) #2 820円
30g(68mm) #2 850円
40g(75mm) #1 850円
50g(80mm) #1/0 900円