ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【圧倒的重見感!】トップエギンガー重見典宏監修の高比重PEライン「ワイルドジャーク」2018年春発売予定

エギング界の重鎮・重見典宏氏が2016年、老舗ラインメーカーであるGOSEN(ゴーセン)と契約し、新たなプロジェクトをスタートさせた。その第一弾となるラインが、いよいよ2018年春にリリースされる。

エギング用PEラインとして2018年4月に発売を予定しているのが、ゴーセンの「ワイルドジャーク エギ」だ。「重い!見える!感じる!」と銘打たれたコチラのPEラインは、一般的なPEラインの比重が水より軽い0.97であるのに対し、1.14~1.24と水より重い比重を実現。水馴染みがよいのはもちろん、高い操作性を兼ね備えている。

コレを可能にしたのが、ゴーセンが開発した「W-core」と呼ばれる新製法。高比重繊維の芯とPEの芯を組合せることで、重見氏が求める理想的な「沈むPEライン」を誕生させることに成功したのだ。

ラインナップは、150m巻きが0.5号、0.6号、0.8号210m巻きが0.5号、0.6号となっている。

また、同時に「ワイルドジャーク エギ リーダー」も発売されるので、コチラにも注目だ。