ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

凄腕アジンガーに聞く!「アジングで最も多用するジグヘッドとワームは?」【家邊克己 編】

アジングのメインリグである、ジグヘッド(単体)リグ。

最近では「ジグ単(じぐたん)」と呼ばれることも多いリグですが、世の中には様々なアジング用のワームがあり、また様々なジグヘッドがありで、正直どういう組み合わせを使うか迷う人も多いでしょう。

そこで、ここでは「ジグ単攻めの際にコレを最も投げてる!」という実績鬼高&信頼激厚のジグヘッドとワームの組み合わせを、凄腕アジングマニアの家邊克己氏に聞いてみました。


0

家邊 克己(やべ かつみ)

全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。


家邊 克己氏の超多用ジグ単セッティングはコチラ↓

1

ジグヘッド:ストリームヘッド0.8g (サーティフォー

ワーム:タープル1.6インチサーティフォー

その理由は…

海の富栄養化でアジの食性がプランクトンに偏ってきている傾向を感じます。

それに対応するべく、最近はなるべくリグを動かさず、レンジもキープするプランクトンパターンを多用しています。

そのパターンに対応するために作ったのが、スローフォールを演出できるワーム「タープル1.6㌅」。

そしてそれに合うシャンク長のストリームヘッドの0.8㌘前後を多用しています。

出典:ルアーニュース増刊号「激釣!アジング・シーズン17」DVDボックス