ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

ティクト・トミー敦のライトゲーム特化型ショートハンドルSH30-Dの解説動画を公開

以前に、ティクトのトミーがライトゲーム用のショートハンドルを作っている!というニュースをお伝えさせていただいてました。

その記事はコレ!

ティクト・トミー敦がライトゲーム特化型30mmショートハンドルを開発中

 

そして、そのショートハンドルのほぼ最終プロトが仕上がったという情報を入手。トミー敦に動画で解説していただきました!それがコレ!

商品名SH30-Dセンシティブショートハンドル。

アームの長さが30mm!

シーケンス 01.Still002

何でトミー敦がアームを短くしたかったのか?というと、スローリトリーブなどをした時に、微妙にリール&ロッドがブレやすくなるとからとのこと。

アームを短くすると、どうしてもリールを巻く時に、ほんの少し重く感じる傾向があるのはあるんだけど、それを差し置いて余りある安定したリーリングができるとのこと。

 

シーケンス 01.Still001

 

 

あと、ショートアームだけでなく、ノブも特長的。

アルミの削りだしで作ってあって、ノブ自体もかなり小さくしてあるんです。

純正ノブと比べると、その小ささがよく分かるハズ!

_MG_7407

_MG_7400

 

またノブ周りでベアリングが4つ使ってあるのも特長。

そのノブの中でも、真ん中に配置されているベアリングは、センサーベアリングと呼ばれるデカいベアリング。

シーケンス 01.Still007

このデカベアリングを指先で触りながらリーリングすることで、小さなアタリや変化が、かなりハッキリ伝わってくるそうな!

 

カラーはシャンパンゴールドとレッドの2種あり!

シーケンス 01.Still026

発売は12月末とのこと。楽しみだぁー!

 

 

 

 

関連する記事