ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【発想の勝利】電流でエイ退治!アクティブエイガードってなに?

水温の上昇とともに危険性が増してくるアカエイ。特にウエーディングをするアングラーにとっては、大きなリストの1つだろう。

アングラーの間では別名「地雷」と呼ばれ、砂地に身を潜めるエイを誤って踏み付けてしまうと、尾の鋭い毒トゲでグサっ! なんて事例も過去に多く報告されている。

そこで、現在はエイガードと呼ばれるアイテムが各社から発売されており、いざという時にエイのトゲから足を守ることができる防御グッズが必需品となっている。

そんな中、登場したクラウドルアーズの「アクティブエイガード」が、今アングラーの間で話題となっている。

_MG_2063

このアイテムは、エイのトゲから身を守る防御的な発想ではなく、そもそもエイを自分に近づけないという新発想のアイテム。

その方法は、エイが嫌う特定の電流を水中に流すというもので、実験動画ではエイが逃げる様子を確認することができる。

アクティブエイガードは、防水ケースに電池の入った本体から2本のケーブルというシンプルな構造。本体をライフジャケットに装着し、2本のケーブルを足に沿わせる形(バンドで固定)で水中に入れるのだ。

_MG_2061

※コアマンスタッフ増田氏も注目中

単体での使用はもちろん、従来のエイガードと合わせることで、さらに効果が期待できそうなアイテムだ。