ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

そろそろ虫パターンの用意も必要!村上晴彦さん的ムシパターンを紹介!

そろそろバスフィッシングのハイシーズンに突入しますね! で、この時期に効きマクりのパターンといえば、ムシパターン。

ここでは、あの村上晴彦さんのムシパターンについて紹介!

 

さて、村上さんが多用するムシパターンルアーは2つ!

まずは

ビビビチュウ1.8インチ

シーケンス 02.Still002

ヤゴをイメージしたボディに気室を持つ中空で浮力のある1.8インチの小型のムシ!

スピニングタックルで使うのがオススメだけど、ベイトフィネス系ならベイトでもアリ! いやスピニングかなぁ!

リグはノーシンカーを使うんだけど、頭にマス針をチョンがけして使うか、

オフセットフックを使ったオフセットノーシンカーを使うかの2通り。

 

出典:一誠

 

ビビビ蟲#34 コックローチjpg

 

ちなみにオフセットフックを使う場合は頭のテッペンをカットして下のようにリぐるのが◎。

あとフックはカルティバ・マルチオフセットの♯2がベストマッチ。

オフセットフックを使ったノーシンカーの場合はヘッド部分がフラットになるのでチョンチョンと動かすとスプラッシュをともなったドッグウォークを見せてくれる。

そんなアクションでアピールして、その後のポーズで食わせるのが王道!

 

IMG_2945

シーケンス 02.Still005

 

 

あともし水面にでにくいような日なら…。

ボディにネイルシンカー(ワームの切れ端にネイルシンカーをセットしたモノ)を埋め込んで沈めて使う「しずみムシパターン」もあり!

 

村上さんがビビビチュウでよくしようするタックルはこんな感じ

ROD : ハートランド スピニング トリップ セブンESS 702MLRS-AGS14 [ダイワ]

REEL : イグジスト2003C[ ダイワ ]

LINE : PEエメラルダスセンサーSS II+Si 0.6号+フロロフィネスブレイブ 6Lb [ダイワ ]

シーケンス 02.Still003 シーケンス 02.Still007

 

 

ビビビチュウに関しては色々と動画撮影したので気になる人はチェック!

 




さて、村上さんが多用するムシ系ルアーの2つ目は…。

ビビビチュウ・ポッパーワーム

IMG_2936

こちらはビビビチュウのデカくして、パッパー&シャッドテール(意図的に逆付けデザイン)を装着させた変化バージョン!

こちらもボディに大きな気室がもうけてあり、浮力が高いワームになっている。

シーケンス 02.Still011

 

基本的にベイトタックルで使用!村上さんの参考タックルはこちらっ!

ROD : ハートランド カワスペシャル832MRB AGS14 [ダイワ]

REEL : ジリオンSV TW 1016SV-SHL [ ダイワ ]

LINE : PEメガセンサー12ブレイド 2号+フロロモンスター ブレイブ 14Lb [ダイワ ]

※ダイワの12本よりが気になりますね!

 

チョンチョンと動かすと水面で激しくスプラッシュ!

そして巻くと、水面からとびださずに水面&水面ギリギリ直下をシャッドテールを動かしながら泳ぎきってくれる!

そんな感じでアピールしてポーズで食わすのがメインの誘い!

シーケンス 02.Still009

シーケンス 02.Still012

シーケンス 02.Still010

リグはオフセットフック(デコイ・マルチオフセット♯2/0)を使用したノーシンカー! ヒシモやブッシュなど、ややこしいところを攻めマクれますよ!

 

シーケンス 02.Still013

IMG_2890

 

 

こちらも動画で色々撮影してきたので、要チェック!

 

 


 

どうでしたか?

これからのムシシーズン楽しみましょ!!!