ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

村上晴彦さんが「世界で一番面白いロッド」と語っているロッドとは!?

村上晴彦さんといえば、ロッドに対してハンパないこだわりを持っている人! そのこだわりはハートランドシリーズで今なお表現され続けていますよね。

そんな村上さんが現在、「世界で一番面白いロッド」と語っているロッドがあるんです!それは何かというと…。

ハートランド 701ULF/RS-ST16 【冴掛 Midge direction ST】

ハートランド6101ULLX/RS-SMT16 【冴掛 Midge direction SMT】の2本。

 

この2本は、2003年に、当時、村上さんが、セコ釣りロッドの集大成としてリリースした「冴掛ミッジディレクション」の進化版の2本なんです。

どう変わったかというと、一番大きなのが穂先部分! 先代のミッジディレクション(エムデレ)も相当繊細な穂先を持ってたんだけど、その繊細さST、SMT(スーパーメタルトップ)という新たなティップセクションによってさらに磨きが掛かったという感じ。もちろん穂先だけでなく、ガイドシステムやブランクスなど、総合的にブラッシュアップされてますよ。

シーケンス 01.Still007

シーケンス 01.Still009

ちなみに、先日、村上さんのロケに行った時に、このロッドで村上さんが遊んでいる!? 模様を動画で撮影してきたので、気になる人はチェックしてくださいね!

シーケンス 01.Still010   シーケンス 01.Still008