ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今週の琵琶湖・オススメ情報【琵琶湖リサーチTVまとめ(6月30日収録分)】

本サイトの動画チャンネル、Youtube「ルアーニュースTVチャンネル」の人気コンテンツ「琵琶湖リサーチTV」はご存知でしょうか。

このコンテンツ、分析大好き系超理論派琵琶湖プロガイド・平村尚也氏がその時の琵琶湖の状況報告と見通しを解説してくれるチョ~便利な動画なのですが、最新収録分が公開となりましたので内容をかいつまんでお届けします。

まず、収録時のデータは以下の通りです。

水温:26度

水位:マイナス21cm

放水量:15t/s

放水量が落ちて活性もやや落ちたものの、それまで倒れてしまっていたエビモが立ち、トップウォーターの釣りが好調になっています。

トップウォーターが好調なのは、上写真の赤で示した東岸インサイド。木ノ浜~赤野井、下物~草津川などです。

朝の時間帯や雨や曇りといったローライト時に釣果がでていた模様。

 

藻刈りの状況ですが、上写真の緑で示した赤野井沖で実施。具体的には東岸の烏丸半島沖から、四本柱周辺のアウトサイドラインに掛けての範囲で行われました。この場所は釣れていたポイントだけに、今後の影響が懸念されます。

ただ、釣果の心配はなく、オレンジで示した南湖は南エリア中心に全体的に釣果が出ている様子。どのエリアが秀でて好調というわけではありませんが、連日どこかでは大型の好釣果がでているそう。

 

おもなヒットルアーは、インサイドではバイブレーション、チャターベイト系。沖側はラバージグ、テキサスリグ、ネコリグなどライトリグとなっています。

ちなみに北エリアはクリア、南エリアは白濁りが入っているため、北エリアではライトリグ中心、南エリアでは巻きモノ中心、そして各所のエビモエリアではトップウォーター系といった展開。

基本的には沖側もインサイド側も釣れているので、時間帯や天候と、場所によって使うルアーをセレクトしていくとよいでしょう。

というわけで、次回配信は7月7日(金)予定です。