ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メガポンパドール】川島勉プロデュース!シリーズ最大メガサイズのポンパドールを紹介【2020年新色6色登場】

人気のデカ羽根モノ! 今回はあの川島勉さんプロデュースもので巨大サイズの羽根モノをご紹介!

メガポンパドール【ジャッカル】

川島勉さんがプロデュースする人気の羽根モノ(クローラーベイト)

「ポンパドール」シリーズの最大サイズなのがメガポンパドール! 2018年6月に登場して以来、人気を集めています!

ちなみに長さは120mmでウエイトは57gと、文句なしにシリーズ最大サイズ! こんな感じで手の平をはみ出るサイズ!

川島 勉(Tsutomu Kawashima) プロフィール

房総半島のリザーバーを超得意とするスーパーロコ! カワシマイキー、ポンパドールシリーズ、チョップカットシリーズほか、様々な釣れスジルアーをプロデュースしていることでも知られている

メガポンパドールのサイズですが、ひとまずポンパドールシリーズ全体のスペックを確認しておきましょう!

メガポンパドールのサイズは120mm、57g。他のシリーズとの比較はというと…

Name Length Weight Type
メガポンパドール 120mm 57g Floating
ポンパドール 79mm 22.0g Floating
ポンパドールJr. 66mm 18.0g Floating
マイクロポンパドール 42mm 6.5g Floating

現物で比較してみると…。いやぁーデカいですよね!

 

そのサイズのデカさもさることながら、シリーズ最大のカスタムメタルウィングを搭載、またガラス&真鍮ラトルの大音量サウンド、可動式リアプロップが生み出す水飛沫のプラスされ、超ド級のハイアピール仕様な羽根モノとなっています。

 

メガポンパドールはそのインパクトある見た目とは裏腹に、スロースピードでのアクションや移動距離を抑えたピンスポットでのシェイキングなど小技を活かした誘いにも対応。中でもデッドスローリトリーブでは短い移動距離でも細かなピッチの波紋を生み出し、ハイプレッシャーのもとでもビッグバスを誘い出すことが可能です。

 

実際、どんな感じで使えばいいのか? 川島さんの実釣動画も公開されているので、ぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

 

 

メガポンパドールは2020年新色6色が追加され、全14色に!

さて、そんなメガポンパドールに2020年新色6色が追加され、全14色になります!

 

新色6色を1つ1つ見ていきましょう。

1 / 2
次へ