ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ビッグバッカーシリーズ最新モデル】ジャッカル「ビッグバッカーフォールトリック」について杉山代悟が詳しく解説!

連載:ジャッカルソルト
寄稿:杉山 代悟

皆さんこんにちは。杉山代悟です。

横浜で開催された「釣りフェスティバル2020」や、「フィッシングショー大阪2020」で展示されていました、ビッグバッカーシリーズから新たに加わるシンキングペンシル、『ビッグバッカーフォールトリック』。

テスト段階から良い釣果を出しているので、今回は「ビッグバッカーフォールトリック」について解説していきます。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの25歳。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

 

ビッグバッカーシリーズのNEWモデル「ビッグバッカーフォールトリック」

まず、どのようなルアーなのかを説明していきます。「ビッグバッカーフォールトリック」は、ヘビーウエイトのシンキングペンシルで、サイズは103mmと84mmの2サイズがラインナップ。ウエイトは103mmモデルが41gで、84mmモデルは28g。

 

ビッグバッカーナブラミノーとの違いについて

ウエイト的には「ビッグバッカーナブラミノー」とはあまり違いのない「ビッグバッカーフォールトリック」ですが、リップが付いていない分、風の抵抗が少ないので飛距離に優れています。

 

ビッグバッカーナブラミノー

ジャッカル公式「ビッグバッカーナブラミノー」詳細ページはこちら

 

実際に試した感じ、「ビッグバッカーナブラミノー」よりプラス5mほどの飛距離です。ショアから青物を狙う際、跳べば飛ぶほど魚に出会う確率も高くなりますからね。

 

アクションについて

動きも「ビッグバッカーナブラミノー」と大きく違い、「ビッグバッカーナブラミノー」は早巻きをするとブリブリと広範囲にアピールしますよね。逆に「フォールトリック」に関しては早巻きさせると、頭を支点にテールをゆったり振るような動きになります。

また、「ビッグバッカーフォールトリック」の最大の特長でもありますが、スローに巻いてもシッカリアクションしてくれます。

この動きの違いによって「ビッグバッカーナブラミノー」のようなブリブリと動くアクションに反応する時と、ゆったりテールを動かすような弱いアピールに反応する時と使い分けていきます。

それにフォール時の姿勢にもこだわられていて、フリーフォールさせると水平姿勢を保ちながらローリングして沈んでいくのもメリットの1つだと思います。

 

使い方をご紹介

「ビッグバッカーフォールトリック」の主な使い方は以下の3つ。

 

3つのアクション方法とは

・水面に何も起こっていない状態(鳥山、ナブラ、ボイル)ではゆっくりタダ巻き。

・ナブラやボイルがでてる時は早巻きで水面をスキッピング。

・ベイトボールができている時はフリーフォールでローリング。

 

これらの3つが基本的な使い方です。

リップが無いので、トゥイッチアクションした時でも左右にダートするようなトリッキーなアクションをしてくれます。また、巻きだけでなく、フォールでも食わせられるルアーになってます。

カラー展開も10色前後で色んなターゲットに合わせたカラーバリエーションを出す予定ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!