ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春のデカバスは中層よりも上がキモ?】水野浩聡のプリスポーン攻略に注目!

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは!

春らしい暖かい日が続きますが、ようやく三寒四温の気温の上下幅も狭くなり、地域によりますが桜も満開に。 いよいよ春を感じることができる季節になってきましたね。

 

プリスポーンのメスバスが狙える時期

スポーニングが進んでいるフィールドも多いと思いますが、それに向けて動いてる個体を釣っていくスタイルが、僕の中ではゲーム性がスゴく高くて、毎年ドップリこの釣りにハマるんですよね。

やはり旬な魚と言えば、プリスポーンのウエイトが乗ったメスバス!

 

このメスバスを釣ることに関しては、水温の上昇というのが非常に大事で、それに伴ってポジションやレンジをこまめに変えていきます。 反応するレンジもかなりシビア。

4月も2週目に入ると、産卵場所のシャローフラット周辺(水深変化の少ない地形)に差してきて産卵の準備をしたり、カバー直下や縦に伸びるストラクチャーに着いてサスペンドするなど…。

基本的に中層もしくは、バスの目線の上を攻略していくことが多くなります。

 

これからの時期特に有効になる「ワムワム48」のロングリーダーダウンショット

カバーがあれば、その内部の中層を「エグダマ タイプレベル」(3.5g)【レイドジャパン】に「ワムワム」【ジャッカル】をセットしたパワーフィネスで狙ったり。

また、曇りや雨のローライトコンディション下では、「デラボール」【ジャッカル】や「リズムウェーブ」(4.8in)【ジャッカル】のノーシンカーをフラット地形の上で巻いたりするなどして、メスバスの付き場やウロウロするエリアで中層よりも上の層を探っていく展開が増えています。

 

左:エグダマ タイプレベル 右:ワムワム

 

左:デラボール 右:リズムウェーブ

レイドジャパン公式「エグダマ タイプレベル」詳細ぺージはこちら

ジャッカル公式「ワムワム/デラボール/リズムウェーブ」詳細ページ

 

また、すでにオスがベッドを作り始めたというフィールドであれば、去年もかなりハマっていたのが、「ワムワム」を使用したダウンショット。

これを45cmくらいのロングリーダーで使用し、メスが待機していると思われる少し沖目の沈み物にアプローチ。 ロングリーダーにするのは、飛距離を出した先でもリーダー分のフォールアクションの落としシロを作ってあげるという狙いです。

 

小粒で高比重なワムワムなら、ダウンショットでセットすることで、さらに飛距離を稼ぐことができるので、遠浅地形が続くような場所でもブレイクまでルアーを届かせるなど、実はメリットがかなりあるんです。

そのため、バスがコンタクトする沈み物の攻略において、特にこの時期は「ワムワム」をロングリーダーのダウンショットを多用。

ちょうど、始めたばかりの僕のYouTubeチャンネル「水の旅」では、4/10(金)の夕方に、去年のこの時期の実釣映像を入れ込んで詳しく説明しておりますので、ぜひ配信されたらチェックしていただけると幸いです!

 

春バスは外敵から身を守るためローライト時に移動することが多い

春は基本的にシャローに上がりたい季節。スポーニングの準備をしたい季節なんです。

しかし、光量の強い日中だと、魚の横移動というのは“移動のリスク”が生じてしまいます。バス自身、雨や曇りといったローライトコンディション下での移動の方が、自分の姿を外敵に見つかりにくくなったりと、そのリスクは軽減されるんです。

 

また、前にも解説しましたが、雨後や強風によってできた濁りというのも、魚が集まりやすいこの時期。

バスがどんなタイミングでシャローに上がってくるのか。上がってきたバスはどの変化に付くのか。そして、それをどう狙っていくか。

上記のことを自分なりにその場所で考えて釣っていく、このゲーム性がやっぱり面白いですね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい