ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春のクリアウォーターを楽しみ尽くす!】攻め方&タックルセッティングを紹介

寄稿:赤松史朗
春のバス釣り特集

サンライン・フィールドテスターの赤松です。

赤松 史朗(Shiroh Akamatsu ) プロフィール

赤松史朗(あかまつしろう)関西のタフレイクと呼ばれる生野銀山湖と東条湖でJB/NBC大会に参戦中。 得意とする釣りはサイトフィッシングとカバー打ちでその技術により、「チャプター北兵庫AOY3回獲得」、「JB生野銀山湖AOY1回獲得」等の優秀な成績を保持してきたベテラントーナメンターである。

私は山上湖である兵庫県・生野銀山湖をホームにしているのですが、春は大きいサイズの個体から大潮毎にシャローに差してきます。

超タフレイクと呼ばれる生野銀山湖でもディープから上がりたてのバスはアプローチ次第ではハイシーズンよりバイトしやすいので、この時期は自己記録更新には一番よい時期だと思います。

ちなみに、私が釣った唯一の60cmUPは、5年前の早春に生野銀山湖で釣った魚です。

ということで、ここでは春ー初夏のクリアウォーターフィールド、リザーバーなどを楽しむためのオススメの釣り方やタックルとラインセレクトをご紹介したいと思います。

春ー初夏の釣り方のメインは…

春ー初夏のリザーバーでは、私の場合はサイトフィッシングをメインに、水質や状況を分析してブラインド(ノンサイト)の釣りにシフトしていきます。

では、まずはサイトフィッシング用の釣り方やタックルとラインセレクトを紹介したいと思います。

ビッグベイトでのサイトフィッシング

ロッド:エクスプライド 173XH(シマノ)
リール:メタニウムMg(シマノ)
ライン:シューター 16lb(サンライン)

ビッグベイト「ギルロイドjr(イマカツ)」などを使ってのサイトフィッシングとなります。

ルアーを止めてる時かルアーが動き始める時がバイトチャンスで、ロッドティップには出ないショートバイトばかりです。なので硬めのロッドと伸びの少ない硬質フロロカーボンライン「シューター」の16~20lbをセレクトしています。

使用するビッグベイトの一部です

ダウンショットでのサイト

ロッド:オールソリッド511XL
リール:ステラ2500HGS(シマノ)
ライン:シューター 3lb(サンライン)
シンカー:アクティブ DSトーナメントⅡ 1/32~1/16oz
ルアー:ハドルフライ2.5インチ(イマカツ)

生野銀山湖では早春にこのサイズのベイトフィッシュがブッシュやフローティングカバー周りに多いです。このセッティングはそういう小さなベイトを捕食してるバスを釣るためのモノ。

使い方は、ベイトフィッシュを探して泳いでるバスにはバスの進行方向にある張り出しやストラクチャー近くでシェイクして食わせます。またフローティングカバー周りではミドストでカバーからバスをおびき出して食わせます。

小さなベイトを食っている時に威力を発揮する「ハドルフライ2.5インチ(イマカツ)」。見えバスに対する先打ち系や、カバー周りでのダウンショットのミドストで使用

どちらもストラクチャー周りでのやり取りとなりますので、ラインは根ズレに強い「シューター」の3lbをチョイスしてます。

一昨年のチャプター北兵庫第1戦目にて「ハドルフライ2.5インチ(イマカツ)」のダウンショットで仕留めた2kgオーバー

i字系でのサイトフィッシング

ロッド:64UL
リール:レアニウムCI4+2500s(シマノ)
ライン:シューター FCスナイパー 3lb(サンライン)
ワーム:HPFミノー3.1インチ(O.S.P)

ノーシンカーリグを遠くに飛ばしたいため、ラインは、しなやかでキャスタビリティに優れている「FCスナイパー」で決まり。扱いやすさだけではなく、この時期に狙う50cmUPのツッコミにも耐える強度も備わってるので安心してやり取りできます。

チョウチン釣り(吊るし)

ロッド:68ML
リール:レアニウムCI4+2500s(シマノ)
ライン:シグロン PE×4  1号(サンライン)
リーダー:シューター 8lb(サンライン)

ロッドは友達のロッドビルダーにオリジナルで作ってもらいました。5年前に生野銀山湖で60cmUPを釣ったのは、このセッティングでした。

テキサスリグでのカバー撃ち

ロッド:ワイルドサイドWSC72MH(レジットデザイン)
リール:メタニウムMGL HG RIGHT(シマノ)
ライン:シューター16lb(サンライン)
ワーム:スモーキンダッド3インチ(ノイケ)

ここからはブラインド(ノンサイト)での釣り方です。

テキサスリグによるカバー撃ちは有効です。今まで春先のJB戦やチャプターで表彰台に上がって来た釣り方&タックルです。

シューター16lb」は、カバーの奥でデカいバスを掛けても今まで切れたことがないので信頼して使っています。

シンカーのズレを防止するためシンカーストッパー(アクティブ)を2個装着している

4年前のチャプター北兵庫第1戦にてテキサスリグのカバー撃ちで釣った3kgオーバー

ミドスト(ミッドストローリング)

ロッド:フェンウィック リンクス 64SULJ “Mid Strolling Special”(ティムコ)
リール:ストラディックCI4+2500S(シマノ)
ライン:シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA 3Lb(サンライン)
ワーム:PDL スーパーリビングフィッシュ 3インチ(ティムコ)

「PDL スーパーリビングフィッシュ 3インチ」など、3〜4インチのワームに1/32OZのジグヘッドで使用。

超クリアレイクでは、ラインに色が付いているフロロ「シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA 」ならばバスに見切られるんじゃない?と思われかもしれませんが、決してそうではないです。

むしろ、ラインが見えることでレンジコントロールやしやすく、さらにトレースコースを目で見て判断でき、立木や冠水ブッシュの上っ面を舐めるように通すことができるので、メリットだらけなのです。

赤松史朗が吠える! 春のクリアウォーター攻略の参考になる動画も配信中です。

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。