ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シーバス攻略のド定番】エクリプス「バロール90」の中でクリアウォーターに必要なカラーは!?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

出典:エクリプス

ECLIPSE(エクリプス)のバロール90といえばシーバス攻略のド定番。

後方重心による浮き上がり性能と飛距離、そして絶妙なボディ形状で「表層スロー」ができるシンキングペンシル。

東京湾奥のスレにスレたシーバスを丁寧に釣っていくスタイルに定評のある前田泰久さんのアイデアを形にしたシンペンなのです。

出典:エクリプス 東京の激スレシーバス攻略で定評のある前田泰久氏

バロール90の分かりやすい解説は以下のムービーもどうぞ!

出典:YouTube「エクリプスソルトTV」

透明度の高い干潟や河川ではクリスタルスカル

そんな前田泰久さんがエクリプス公式サイトのプロスタッフレポート内で、今時期の干潟や河川など透明度の高い時、バロール90のマストカラーを紹介していくれています。

ぜひ以下のリンク先を参考にしてみてください!

【エクリプス公式・前田泰久レポートは→コチラ

出典:エクリプス

結論からいえば、マストカラーはクリスタルスカル

わずかに入ったピンクとベタ塗りとはことなる透過性が、ホワイト系を見切る魚や、透明度の高い今時期の干潟や河川で激効きなんだそうです!

出典:エクリプス

バロール90の特徴

バロール90をもう少しだけ解説しましょう。

先に紹介した動画で前田さんが話している通り、テール寄りにある固定重心で飛距離が出て、かつウェイトが後ろ寄りにあることでスローリトリーブではテールの動きを抑制します。

スローでは、ゆるいローリングでテールはあまり動かないまま横移動。

魚の数は多いけれどスレていることが多い湾奥では、かなり効果的なアクションが出せるんです。

例えばミノーなどと比較すると水押しが弱く、強過ぎないアピールをしてくれます。

水をつかむヘッド形状で、シンキングペンシルで陥りがちな「ノー感じ」になりにくい、扱いやすさも併せ持つ

この点が最大の特長といえるのですが、それだけではないのです。

ミドルからファストリトリーブでは、テールをしっかり振るアクションに。

明確にアクションに差をつけることができるのです。

スローでのバロール90のアクション、ミドルからファストでのアクションと、明確に付けられるアクションのどちらから反応を得られるかも見極めることができるんですよね。

そういった意味では汎用性が非常に高く、一年を通して使えるシンペンといえます。

カラーも13色がありますが、バチパターンを強く意識したカラーや、強過ぎず弱過ぎない絶妙感のあるアラーなど「通年使えるシンペン」らしいラインナップといえます。

そしてもう一度お忘れなきよう! 今の時期、透明度の高い時にはクリスタルスカルですよ!!

レングス:90mm
ウエイト:13g
フック:がまかつSP-MH#6
価格:1,800円(税別)

公式製品ページは→コチラ

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。