ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フロロラインをタイプ別で使い分ける!】釣果直結の細糸セレクト法を紹介

春のバス釣り特集

何気に使っているフロロカーボンライン。一言で「フロロ」と言っても様々なタイプのラインが発売されています。

その特性や性質を理解し、うまく使い分けること、特に細いラインを使うライトリグ、フィネスなバスフィッシングでは、釣果を伸ばすことも可能です。

ここではその使い分け法を、リザーバージャンキー赤松史朗さんに教えてもらいました。

シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA 3lb」でキャッチしたデカバス

赤松さんは、関西のハイプレッシャーリザーバーをホームにしているため、クリアウォーターのフィールドでライトリグを使うことも多いのですが、3種類の3lbフロロを釣り方に応じて使い分けることで、釣果を出しているとのことです。

赤松さんは、「シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA」、「シューター(フィネススペシャル)」「シューター・FCスナイパー」の3lbを、釣りの特性にあわせて使い分けている

ダウンショット、ネコリグなどボトム系には…

サイトフィッシングでもブラインドでも出番の多い、ネコリグ、ダウンショットリグなど、ボトムやカバーに絡みそうなリグの場合、高強度と、超低伸度設計により、ライトリグが扱いやすいという理由から「シューター」を使用するとのこと。

根ズレにも強いので、カバー周りでのサイトフィッシングでも安心して使用しているそうです。

i字系など飛距離が欲しい時には…

今やあらゆるシーズンで使用するi字系の攻め。

ノーシンカーリグを遠投して、直線軌道で引いてくるこの釣りにでは、クセがなくスムーズで飛距離も伸びる「シューター・FCスナイパー」をセレクトしているそうです。

ミドスト、ホバストには…

中層や表層直下を釣る、ミドスト(ミッドストローリング)や、ホバスト(ホバーストローリング)では、バイトマーカーシステムと呼ばれるカラーリング(ナチュラルクリア&ピンク&イエローグリーン&オレンジ&グレー)が施されていて、アングラーからラインが凄まじく見やすい「シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA」をセレクトしているそうです。

「シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA」なら、ミドストやホバストの時にラインを揺らすと、その揺れがハッキリと見えるため、シェイクを入れる等のリズムを掴みやすく、またルアーがどこにあるのか掴みやすい。

さらにラインが弾かれるようなバイトも分かりやすいので、オススメとのこと。

赤松 史朗(Shiroh Akamatsu ) プロフィール

赤松史朗(あかまつしろう)関西のタフレイクと呼ばれる生野銀山湖と東条湖でJB/NBC大会に参戦中。 得意とする釣りはサイトフィッシングとカバー打ちでその技術により、「チャプター北兵庫AOY3回獲得」、「JB生野銀山湖AOY1回獲得」等の優秀な成績を保持してきたベテラントーナメンターである。
赤松さんが、フロロ3lbラインを使い分けてデカバスを仕留める動画も公開中!

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。