ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

清水盛三プロデュース!2020年の新作「シャワーブローズ777」「ピッコロダイブシャロ―」を紹介

長きにわたってアメリカのトップトーナメントカテゴリーで活躍を続けてきた清水盛三さん。

2018年にはアメリカのトーナメントを引退し、2019年からは活動の拠点を日本国内に移して、様々な活動をスタートさせています。

清水 盛三( Morizo Shimizu) プロフィール

1970年5年29生まれ、大阪府出身。 幼い頃に父と祖父からヘラ釣りを教わり、釣り少年に。 小学生の時に放送されたザ・フィッシングに感銘を受け、バスプロになる夢を描く。 大学生でバスプロデビュー、直後に西日本アングラー・オブ・ザ・イヤーに輝く。 その後国内のトーナメントで成績を残し、2002年に本格的にアメリカのトーナメントへ参戦。世界最高峰のトーナメント、バスマスタークラシックに2011年、2014年、2015年に出場。

その活動の1つなのが自身のYouTubeチャンネルでの情報発信!

清水盛三さんのYouTubeチャンネル「Bigmama Fishing TV」では、バスだけでなく、色んな動画がガンガン配信されているので、ぜひチェック!!

チャンネル登録はこちら

そんな盛三さん! もちろん日米で培った豊富なノウハウを詰め込んだ自身のプロデュースルアーの開発も行っていて、2020年も登場します!

今回はそんな2020年登場予定の清水盛三さんプロデュースルアー2つ、「シャワーブローズ777」と「ピッコロ・ダイブシャロ―」をご紹介!

 

Mo-doシャワーブローズ77.7 トリプルセブン【エバーグリーン】

2020年5月登場予定

シャワーブローズというと、圧倒的な飛距離と集魚力の高いトップウォータープラグとして人気ですが、2020年はひと口サイズの「シャワーブローズ77.7トリプルセブン」が登場予定。

ひと口サイズのシャワーブローズということですが、気になるのはサイズですよね…。

このシャワーブローズ77.7は商品名にトリプルセブンとあるように、全長は77.7mm、ウエイトは9.3g。

かなり小さいけど、集魚力やパワフルさはオリジナルサイズのシャワーブローズを継承。

またオリジナルのシャワーブローズ同様、ベイトロッドでの超遠投が可能になっています。

あとビッグフィッシュ対応の2フック仕様で、チョイでかめで強いパワフルなトレブルフックが標準装備されるとのこと!

 

清水盛三さんにも直接動画解説していただきました

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

 

シャワーブローズシリーズのラインナップの比較画像もチェック

シャワーブローズ ビッグママ[150mm 44.5g]
シャワーブローズ (オリジナル)[125mm 26.0g]
シャワーブローズ ショーティー[105mm 16.3g]
シャワーブローズ ソフトシェル[77mm 19.0g]

 

 

野池や川のオカッパリはもちろん、ベイトが小さいトコロ、ハイプレ場など、活躍の場は広そうです!

 

 

1 / 3
次へ