ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【手軽で色々な魚が狙えるSLJ】バリバスのスーパーライトジギング専用アイテム2種をご紹介!

近年、海のオフショアゲームの中で人気ジャンルとなっているのが「SLJ(スーパーライトジギング)」。

比較的浅い水深でライトウエイトなジグを用いて、イサキのような小型の魚種からブリやカンパチなどといった大型魚まで狙えることが魅力。

さらに手軽なことで、最近ではビギナーや女性の方でもエントリーする方が増えてきているんだとか…。

そこで、今回は「バリバス」のSLJに特化したオススメラインとフックをご紹介!

 

アバニ SLJ マックスパワーPE X8【バリバス】

2020年5月登場予定

まずは新作の「アバニ SLJ マックスパワーPE X8」からご紹介!

号数 本体価格(円)150m 本体価格(円)200m BRAID
0.4 5700 7600 8本
0.6 3600 4800 8本
0.8 3200 4300 8本
1 3200 4300 8本

 

特長の解説

これまで、バリバスのジギング用PEラインでラインナップされている最細ラインは0.6号までしかありませんでしたが、「アバニ SLJ マックスパワーPE X8」はSLJに特化したラインであり、0.4号までラインナップされています。

また、一般的に柔らかい素材を使いがちなPEラインですが、「アバニ SLJ マックスパワーPE X8」はラインの素材に張りを持たせているので、ジグのアクションがより際立ちます!

通常のジギングラインはラインマーカーが10色のところ、こちらのラインは比較的浅いエリアを狙うことを想定しているため、ラインマーカーは視認性に優れた5色が採用されています。

 

アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター【バリバス】

続いては「アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター」のご紹介。

 

タイプ フックサイズ 製品No. 入り数 価格
13mm #1/0 AH94 2 ¥500
17mm #1/0 AH95 2 ¥500
13mm #2/0 AH96 2 ¥500
17mm #2/0 AH97 2 ¥500

バリバス公式「アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター」詳細ページはこちら

 

特長について解説

SLJ(スーパーライトジギング)で釣果を伸ばすには、フォール中にラインが張っていない状態でも掛けれるように、ハリ先が1mmでも口周りを捉えるフックが必要になります。

アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター」は、テストを重ねに重ねたバリバスオリジナルの専用設計。

超ストレートで鋭い針先と、広いゲイプ幅が見るからに刺さりそうですよね。針先側の軸が大幅に外側へ出してあることと、刺さりしろを多く取ったロングシャンクは、魚を掛けるチャンスを大幅に向上させます。

不意の大物にも耐えることができる粘りのある軸。また特殊編みで張りを持たせたアシストコードはラインとの絡みやエビを防止します。

メッキ加工に関しては、サビにくくフラッシング効果のあるスズメッキを採用。さらに、フックがリングに入り込むトラブルを最小限に抑える3.0mmソリッドリングが用いられるなど! 全てのパーツをSLJ仕様に仕上げた専用アシストフックとなっています。

出典:バリバス公式「アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター」詳細ページ

 

フックの種類は全部で4種類!

フックのサイズバリエーションは、あらゆる状況に対応できるように全4種類!

出典:バリバス公式「アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター」詳細ページ

 

実物はこんな感じ!

#1/0(13mm)

 

#1/0(17mm)

 

#2/0(13mm)

#2/0(17mm)

 

これから、ますます盛り上がりをみせるはずの「SLJ(スーパーライトジギング)」。ぜひ、楽しんでみてはどうでしょうか?

以上、バリバスの「アバニ SLJ マックスパワーPE X8」と「アバニ オーシャンワークス SLJ リトルモンスター」のご紹介でした!

VARIVAS

1980年、株式会社モーリス設立。VARIVASブランドを主に、釣り糸をはじめ、バスフィッシングからソルトウォーター、ワカサギまで幅広くバラエティーに富むフィッシングタックルを提供している。「アバニ」、「ノガレス」、「公魚工房」などジャンルごとに各シリーズで高品質なアイテムを製作している