ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

小森嗣彦が最新シラウオパターンを超解説【春~初夏に激効きっ!】

寄稿:小森嗣彦

早春のワカサギビッグミノーパターンが終わると初夏までの間、強いのがシラウオパターン

こんにちは、小森嗣彦です。さて、関東のビッグレイク「北浦」の春といえばシラウオ!

毎年、冬から早春のワカサギに絡むビッグミノーパターンが終わると、初夏までの間は、シラウオがバスのメインベイトとなることがあります。今回は、そんなシラウオを捕食するバスを狙うシラウオパターンについてご紹介したいと思います!

小森 嗣彦(Tsuguhiko Komori ) プロフィール

JBのトーナメンターとして、同協会の最高峰TOP50プロシリーズを戦うトーナメントプロ。年間チャンピオン3回(最多)TOP50優勝6回(最多)2008年にはJBスーパーバスクラシックを制覇、2012、2018にはBasserAllstarClassicを制している。シーズンの合間には琵琶湖、桧原湖、北浦、亀山ダムでガイドも行っている。論理的考え方でバスフィッシングとトーナメントを攻略する。1974年生まれ兵庫県神戸市出身、千葉県在住。

 

私自身、先日行われた第33回BasserAllstarClassicでは、そのシラウオパターンを駆使し、優勝争いをし、最終的に3位に入賞することができました。

シラウオパターン! つまりシラウオを食べているバスを狙うパターンですが、なぜ、こうもはっきりとシラウオパターンと呼べるかというと、実際このBasserAllstarClassicでは、シラウオが水面付近を泳いでいるのが目撃できたポイントでは必ずと言っていいほどプラクティスでも本番でもバイトがあったからです。

では具体的に私のシラウオパターンを紹介していきます。

私のシラウオパターンをご紹介

まずはシラウオを目視する、これがこのパターンの入り口です。

シラウオに絡む釣り方は最近になって出てきたわけではありません。以前からシラウオを食っているバスには白系のワームやプラグをスローに扱うとよく釣れるということはありました。

見切られないためには、よりリアルなシラウオカラーや、よりリアルなシラウオアクションを行う必要があります

ただシラウオはとても弱弱しい魚です。泳ぎが超スローなシラウオに似せて、スローにルアーを泳がせると、スローがゆえにバスに見切る時間を与えてしまうことになります。

なので、よりリアルなカラーであったり、アクションであったり、シルエットであったりするものが必要になってきます。

で、シラウオを見たらシラウオにそっくりなルアーを泳がせる。風の強さや水の透明度などによってルアーやリグはチョイスする。それがシラウオパターンなのです。

 

私がオールスタークラシックで多用したのが、カットテール#410シラウオカラー!

で、オールスタークラシックの時に私がシラウオパターンで多用したのカットテール#410シラウオカラー! このカラーは、ホントまんまシラウオです。

3.5″カットテール(左)、4″カットテール(右)

 

関連記事もぜひチェック

【タイムリーすぎる!】ゲーリーワーム各種にシラウオカラー!その名も「#410“SHIRAUO”(シラウオ)」が登場

 

ピンスポット狙いで使ったのはカットテール(シラウオカラー)の0.8gネコリグ

当初は1/20ozのジグヘッドにセットしてミドスト気味に使おうと思っていました、オールスターの試合当日は試合前の寒気の影響で少しコンディションが悪かったこと、そしてシラウオが広範囲の中に少ししか見られなかったことと、少し風があったことなどから横方向はプラグを選択し、そしてピンスポット狙いでカットテール(シラウオカラー)の0.8gネコリグを投入しました。

ネコリグの使い方は一度ボトムにつけてからの中層シェイク

このネコリグの使い方は一度ボトムにつけてからの中層シェイクです。

シンカーから3㎝くらい頭寄りのほうにフックをセットして使います。こうするのは、ジグヘッドでミドストするよりもアクションが大きく、アピールが強いです。

初日はこれで2本、2日目の最終日もラストにいい魚を掛けたのですがフックアウトしてしまい優勝を逃しましたが、他の選手が苦戦する中、シラウオカラーがまんまとハマってくれました。

 

プラではカットテール4インチのダウンショット、レッグワーム2.5のダウンショットなどでもバスをキャッチ

ちなみにプラクティスの時はシラウオがもう少し狙いたい場所にいてくれたので、カットテール4インチのダウンショット、レッグワーム2.5のダウンショットなどでもバスをキャッチすることができました。

 

以上が、私がオールスタークラシックで実践したシラウオパターンです。こらからの時期、シラウオがベイトになる釣り場では、効果的な攻めの1つになると思うので、ぜひ覚えておいてくださいね!

1 / 2
次へ