ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよ発売】シマノのフラッグシップ「カルカッタコンクエストDC」遂に100番台&ハイギアモデルが登場!

他の追随を許さない、シマノのフラッグシップモデル「カルカッタコンクエストDC」。

200 RIGHT/201 LEFTの2機種のラインナップ、その剛性・遠投力・トラブルの少なさで人気を博していたリールに、待望の100番&ハイギアモデルが登場。

出典:シマノ

 

どんなラインナップになるかというと…

2019年に登場していたモデルが…
200RIGHTと201LEFT(ノーマルギア)

2020年新たに登場するモデルが…
100RIGHTと101LEFT(ノーマルギア)
100HG RIGHTと101HG LEFT(ハイギア)
200HG RIGHTと201HG LEFT(ハイギア)

となり、全8機種となります。

RIGHTモデルが先行で2020年3月に、LEFTモデルは5月発売予定

 

カルカッタコンクエストDCはこんなリール

「DC」ということで、もちろんデジタルコントロールブレーキを搭載。

キャスト時のブレーキの強弱を、マイクロコンピュータで制御してくれるバックラッシュ知らずのリール。

 

デジタルコントロールブレーキ

スプールの回転をコントロールする心臓部となるブレーキには、I-DC5が採用されています。

使用ラインに合わせるN(ナイロン)、F(フロロ)、PEと3モードの内部ダイアルを内蔵。

出典:シマノ

そしてブレーキ力を調整する外部ダイアルは1~4とW(ウインド)モードの設定が可能。 Wモードは強風下やビッグベイトでのブレーキ設定に向きます。

出典:シマノ

ブレーキモードの目安

 

第2世代MGLスプール

2019年発売のDC200に引き続き、スプール側面にも穴あけ加工がなされた第2世代のMGLスプールを搭載。

出典:シマノ

スプールはこう変わった

19以前のDCと比較すると、19年登場のDC200はモデルチェンジによって、スプール径が1mm大きく、そして幅は2mm狭くなっています。 そして今年追加となるDC100は、径はそのままに幅が1mmナローに。

初代MGLとの比較で、慣性モーメントを約10%ダウンした第2世代MGL、そしてナロー化。

軽い立ち上がりとさらなるロングキャスト能力、そして低弾道でも伸びのあるキャスタビリティーを得ています。

ちなみにハンドル長はDC200もDC100も42mmで統一され、持ち替えた際も同じ感覚で巻ける仕様に。

 

1 / 2
次へ