ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトゲームで「漂う系」がエサな時に!シンコチャン0.8インチが気になる

ハンドポワードのオリジナルワーム製作やOEMを行っているFISH LABO(フィッシュラボ)

ハンポワならではの硬質の違いやカラーリングなど、細かな調整の利いたワームがカワいらしさもあってステキです。

出典:フィッシュラボ 前後で硬さの異なるツートンで人気のリヴァーチ。1.6インチと写真の2.6インチあり

出典:フィッシュラボ でかジャミー2インチ。ジャミー1.3インチ、シャッドテールのジャミーシャッド1.2インチもあり

シンコチャン0.8インチ

そんな中で気になるのがシンコチャン0.8インチ

出典:フィッシュラボ

ご覧の通りでマイクロベイト、仔イカ系を捕食しているなら使ってみたい0.8インチ。

小さなボディサイズの割に幅があり、エンペラなどが水を受けてふわっふわの漂い&スローフォール。

出典:フィッシュラボ

特にメバリングなんかではアンダー1gのジグ単でのデットスローやフロートリグで漂わせて、スゴく効きそう!

出典:フィッシュラボ

タイラバのトレーラーワームとして、少し大きいのも作ってくれないかな(笑)。

公式製品ページは→コチラ