ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ライトジギング】春のマダイ&サワラ狙いでのメタルジグ選びと効果的なアクションについて!

寄稿:住澤 直樹

春のマダイ&サワラ狙いで有効なジグ選びとアクションについて

ライトジギングが楽しいシーズンとなってきました。

私が春のライトジギングで狙うことが多いターゲットなのが、マダイ、サワラ! 今回はそんな春のマダイ&サワラ狙いで有効なジグ選びとアクションについてご紹介させていただきます!

住澤 直樹(Naoki Sumizawa) プロフィール

三重県・伊勢湾をホームグランドに活躍するダイワ・フィールドテスター。ボートエギングの第一人者としても知られるほか、実は元々はバス釣りマニア、またライトジギング歴も恐ろしく長いオフショアSWゲームのエキスパート!1969年生まれ、三重県出身&在住

 

「コンパクト」「フォールでのリアクション」という2つの要素を重視したジグ

まずはジグ選びについてなんですが、実はそれほど悩むことなく選んでいます。
選択肢としては、ジギングでは共通して言えることですが、各フィールドに合わせたベイトフィッシュサイズをまずは基準として選んでいます。

私のホームグラウンドでいうと、多いベイトフィッシュはカタクチイワシ、マイワシ、そして春の定番のコウナゴなど、小さめのベイトが多いので、それに合わせたコンパクトジグを中心に選んでいます。

そしてタイプ的にはフォールでのリアクションで誘うことが効果的なので、そんなタイプのジグを多用しています。

この「コンパクト」「フォールでのリアクション」という2つの要素を重視したジグを選んでいます。

それでは具体的にはどんなジグを選び、どんなアクションをさせているか? を紹介していきたいと思います。

 

ソルティガ TGベイト【ダイワ】

コンパクトなシルエットと素早いフォールが効く

まず挙げたいのが、タングステン素材でコンパクトシルエットな「ソルティガTGベイト」。
春は浅場も多く攻めるために軽いトコロは80gから、重いトコロの180gまでをタックルボックスに入れておきます。

ダイワ公式ソルティガTGベイト詳細はこちら

ソルティガTGベイトの効果的なアクションとは?

ベイトに合わせてTGベイトを選択した基本的な操作に加え、私がよくやるのが…。

水深がそれほどなくてもあえて重いTGベイトを使い、速いフォールで誘う方法!

高比重なタングステンの高速フォールは、激シブの中でも時に絶大な威力を発揮することが多いんです。

アクションとしてはほぼワンピッチジャークで誘います。
スピードはゆっくりな時もあれば速い時もありますし、速いワンピッチから途中で遅いワンピッチに切り替えるアクションも多用します。
その遅くした瞬間や遅くして2、3回目にアタリが多く出ることがあるので、ぜひ一度試してください。

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA japan official」

 

 

ソルティガFKジグ【ダイワ】

フォールでのフラッシングが効く

多用するジグをもう1つあるのですが、それはソルティガFKジグです。

このジグは鉛素材なので、フォールスピードでいうとTGベイトには及びませんが、フォール時にキョーレツなフラッシングで魚を誘ってくれ武器になっています。

ダイワ公式ソルティガFKジグ詳細はこちら

ソルティガFKジグの効果的なアクションとは?

もちろんフォールだけでなくシャクリ上げのワンピッチでも魚は食ってきます。

あとマダイ、サワラを狙う場合、ワンピッチジャークのみで食わない時はワンピッチジャークで誘った後にフリーフォールを入れて2~5mフォールさせて、またワンピッチ、そしてまたフォールを入れて!を、繰り返す誘いも有効。

またワンピッチ後にロッドを大きくアオって、クラッチを切らずにフリーフォールやカーブフォールをして魚を誘ったりする方法も効果的なので、ぜひ試してみてください。

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA japan official」

 

ソルティガFKジグTG【ダイワ】

2020年4月登場

ちなみに2020年は、ソルティガFKジグのタングステンバージョン「ソルティガFKジグTG」が発売されます。フラッシング、そして、高速フォールも出せるジグなので、ぜひ使ってみてくださいね!

ダイワ公式ソルティガFKジグTGの詳細はこちら

1 / 2
次へ