ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

早めの渡米に踏み切ったものの、帰国を余儀なくされる事態に…

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!
世界中がコロナウイルスによる大問題で、その勢いは増すばかり…。
そんな中、アメリカへ無事に渡ってはみたものの、滞在中に起こる米国内での感染拡大から、出発前の日本の感染拡大を大きく上回る形でアメリカが世界第3位の被害国(3月24日現在)として浮上。

一流飲食企業の動きは早く、スターバックス社などは早々に店内利用禁止などを取り入れだした。
結局、日本からの入国が厳しくなる予想は大きく外れて、これからは逆にアメリカから日本に入国する方が厳しい展開になってしまうんじゃないか?と不安も大きい中で、まずは出来る事からと、スキーターへコンタクトを取るが、さすがそこも世界のYAMAHA社! すでに外部訪問が禁止どころか、会社がすでに休みに突入。

アメリカ全土はロックダウンが始まってます。

日本の仕事を全てキャンセルして渡米に踏み切ったものの、裏目、裏目に出た今回。

それでも、スキーターチームとメールのやりとりをしながら、僕の今シーズン乗るFXR20は万全な体制でトーナメントを戦えるように、セットアップは全て希望通りに組んでくれ、また保管もしてもらう話でテキサスを後にした。

ただ、時間がありすぎたので、日本の各社スポンサーさんとしっかりミーティングをしたり、宮崎さんと久しぶりに一緒に釣りをしたり、また野池でオカッパリなんかも楽しんでしまいました(笑)。

そんな時間を楽しみながらテキサス州を後にし、昨年まで乗っていたスキーターFX20を、ロサンゼルスまで自分で牽引しながらドライブする事に!


久しぶりに走る西海岸は懐かしかった。たまには気分転換と、ルート66を走り抜け、映画バクダッドカフェの舞台となったバグダッドカフェにランチを食べに寄り道もしました。

古き良きアメリカが残されている、ルート66にハマる方々の気持ちがよく分かる、そんな素敵なスポットでした。

いろんな景色を眺めながらひたすら25時間のドライブを楽しみ、パワースポットとして有名なセドナの街でぶらぶら。

壮大な自然を満喫して、LAに到着してみると、ちょうど外出禁止令が出された当日。
全てのレストランでの店内利用は禁止され、テイクアウトのみの世界。
そして、さらに外出禁止令が出された直後ということもあり、人が少なすぎて、ホントにこれがLA? と思う様な状態に変貌していました。

今、アメリカでは銃が売れに売れまくり、ガンショップに列が出来る状況。

コロナ感染より、倒産、破綻による失業者の暴動、治安が悪くなり銃社会がより一層加速する…そっちの方が不安です。

アメリカの現状を生で見てきた結果、これはホントに今シーズンは、トーナメントが…という事態ではないな、と言うのが本音。しかし、やめるわけにもいかないので、しっかりアメリカの関係者と密に連絡を取り合いながら、この先も頑張りたいと思います。

とりあえず一時帰国し、先の見えない次の渡米に向けて準備をしっかりしながら過ごしたいと思います!
ではまた。