ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【深場でビギナーにアジを釣ってもらうには?】ディープ攻略テク満載!家邊克己のアジング釣行in大分県

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

先週は、大分県で釣りビジョンの「アジングへ行こう」の撮影がありました。

大分県は愛媛県の対岸ということもあり、アジの生態がよく似ていています。相対的にディープエリアが多いので、深い水深のどのレンジにアジがいるのかを探す事がものすごく重要になります。

深いからといって重いジグヘッドで沈めるとアジが沢山いる時は釣れますが、少ない場合には全く釣れなかったりもします。

ひどい時では、0.8gで120カウントしてから探らないといけないような場所です。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

ディープでアジを釣ってもらうことがテーマ

今回入ったポイントもやはりディープで、番組内容もアジング初心者さんにアジを釣らせるということがテーマ。初心者さんの方にディープを攻略してもらうのは非常に難しいので、どうしようかと内心困っていました(^◇^;)

今回のゲストは、広島のインスタグラマーを目指す、「さーやんさん(インスタ)」と言う女性アングラーでメバリングをメインでやっておられるとのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 今回初めてのロケで大分県🚃🌟. #家邊克己 さんに アジングを教わりました‼︎🤗🎣💙. 基礎的な部分から アジングのポイント、 どのレンジにアジがいるか探る事. レンジを変えずに手前に 持ってくることの大切さ. 動かさず待つこと. 魚に餌を見つけてもらうこと. など沢山のことを教わり💪. . 少しだけ 釣れた!から 釣った!!に 変われた気がしました😊😊☀️. . キャストもしっかり教わったので それをクセずけられるよう 毎日練習すると決めました🎣💙. . 大分県で家邊さんにアジングを 教わったこと、本当に貴重な経験 をさせて頂き感謝しかないです🥺🌟🌟🌟. . 成長した姿をまた見てもらえるように がんばるぞーーーーーー!!😆🐟😆🐟😆🐟💙. . 家邊さん、この度ロケで お世話になった方々全員に 改めて感謝です🙏🌟. 本当にありがとうございます😊. . #大分#大分釣り#釣り好き #釣りスタグラム#釣り女子#釣り人 #釣り好きな人と繋がりたい#釣り日和 #家邊克己 さん#thirtyfour#34 #釣りビジョン#アジングへ行こう #アジング#アジ#メバル

さーやん🐟💙(@saaya.3kn3k)がシェアした投稿 –

 

普段は巻きの釣りオンリーだそうで、ディープでする巻きの釣りは非常に難しいのでフォールからのレンジキープの釣りをしてもらおうと考えていましたが、どのようにレクチャーできるかがキーでした。

 

1カ所目のポイントは水深約5mの浅い堤防の根本

最初に入ったポイントは、時間帯も干潮でしたので、少しでも浅い堤防の根本付近に入り、狙う層を絞りこみやすい様にする作戦。それでも水深は約5m、全然シャローではありませんが、仕方がありません。先ずは狙い方と何故そのように釣るのかを説明し、少しでもイメージができるようにしました。

 

今回のタックル

で、今回使うタックルはこちら。

僕用

ロッド:HSR−63versionⅢ

ライン:ピンキー(0.25号)

リーダー:ジョイントライン(1.2号)

ジグヘッド:ストリームヘッド(0.3〜1.5g)

ダイヤモンドヘッ(0.8〜1.5g)

ワーム:パフネークキメラベイト(各色)

HSR-63 versionⅢ

 

左:ピンキー 右:ジョイントライン

 

左:ストリームヘッド 右:ダイヤモンドヘッド

 

左:パフネーク 右:キメラベイト

 

さーやんさん用

ロッド:LHR–57BCR–56

ライン:ピンキー(0.25号)

リーダー:ジョイントライン(1.2号)

ジグヘッド:ストリームヘッド(0.3〜1.5g)

ダイヤモンドヘッ(0.8〜1.5g)

ワーム:パフネークキメラベイト 各色

1 / 2
次へ