ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

1本で遊び尽くす「ブリゲイドフリップ」の中核を成すBGF852S-M

春のエギングシーズン+アルファで魚も狙える天龍のロッド「ブリゲイドフリップ」

 

出典:天龍

これまでも紹介してきましたが、今回は3機種の中で最もオーソドックスなBGF852S-Mを紹介してみたいと思います。

ブリゲイドフリップBGF852S-M

ブリゲイドフリップBGF852S-Mはオールシーズン、さまざまな状況でエギングを楽しみやすい1本。

3~3.5号のエギがマッチする機種です。

異なる素材をつなぎ目なく続くマグナフレックス製法で、低弾性のしなやかなティップから高弾性のベリーまで違和感ないベンドカーブを描く。

パワーはM表記ながら、このしなやかに適度に入るティップのおかげもあり、「繊細なM」といった印象。

また、その恩恵でショアティップランにも対応する。3.5号のエギではしっかりとウェイトを感じながらキャストすると非常に気持ちよく飛んでくれる。

このしなやかなティップと、ウェイトを乗せての気持ちよいキャストフィールが魚にも活かされます。

フラットフィッシュやロックフィッシュ狙いでは3/8~3/4oz(10~21g)のリグと好相性。

例えばネチネチとボトムアクションを加えてロックフィッシュを狙ったり…。それでバイトもしっかり拾ってくれるティップなのでかなりマッチしますよ。

エギでいうと3.5号と同じようなウェイトとなる20g前後のメタルジグで青物狙いなども面白いですよね。ライト系のショアジギングならバッチリです。

バットにはC・N・T素材を採用

C・N・Tカーボンナノチューブで驚異的な粘りも見せてくれます。

基本的には繊細でしなやかなティップで自らルアーアクションを加えてバイトを取る釣りに向いています。

1本でさまざまな釣りに対応してくれるブリゲイドフリップの中でも、かなり対応範囲の広いメイン機種といえるBGF852S-M。

徐々にイカも魚も狙える季節にオススメです。

全長2.57m
自重96g
レギュラーアクション
ルアーウェイトMAX30g(エギ3.5号)
PEラインMAX1.2号
価格38,500円

【公式製品ページは→コチラ

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。