ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【キャロライナリグシンカー】リューギで開発が進む「チューブパイプ付きツボ型」という特殊形状の新型キャロシンカーを紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ギミック満載のフックやシンカー類を多数輩出しているリューギ。

リューギ(RYUGI)

兵庫県丹波市を拠点に、バスフィッシング用フックを中心とし、こだわりのシンカーや特殊リグパーツほか様々なバス釣りアイテムを輩出中。

少し前に、2020年登場予定のプロトを多数見せてもらったんですが、ちょっと気になるシンカーがあったのでご紹介! それは…。

 

キャロライナリグシンカー【リューギ】

2020年登場予定

その名の通り、キャロライナリグ用のシンカーなんだけど、フツーのモノとは、見た目から何から全然違う感じのキャロシンカーなんです!

どんな感じかというと…。

ねっ! フツーじゃないでしょ⁉

なんだかツボっぽい感じがすると思ったら…。

サンプル袋には、愛称⁉として「ツボチューブ」という名が!

さて、このツボチューブ、もとい、キャロライナリグシンカーなんですが、どんな特長があるのか? というと…。

 

チューブがついていることから、勘のイイ人なら分かるかもしれませんが…。

スリ抜けがよく、とにかく引っ掛からない、絡まない!っていう特長があります。

通常、キャロって根掛かりが多かったり、絡んだりすることがストレスになってると思うんだけど、そのストレスから解消してくれるシンカーになっているというわけ。

 

あと、単純に引っ掛からないだけじゃなくて、絶妙な具合にスタックするよう、特殊な形状になっているのも、このキャロライナリグシンカーの特長になっています!

とにかく、一度、どんな感じなのか? 使ってみたいですね!

1 / 2
次へ