ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春といえばシャッドプラグ】O.S.Pの定番シャッド「ハイカットF」にNEWカラーが4色登場!

春といえば、シャッドプラグ。

「O.S.P」の定番シャッドプラグといえば、そう「ハイカット」。

現在はオリジナルの「ハイカットSP」と「ハイカットF」。またディープレンジ攻略用の「ハイカットDR SP」と「ハイカットDR F」の4モデルがラインナップされていますよね。

で、この春のタイミングで「ハイカットF」に新色が登場!というわけで、あらためてハイカットFの魅力に迫ってみたいと思います。

 

 

ハイカットFの特長

ハイカットF」の最大の特長は、フローティングならではのスナッグレス性能を生かしながら、広範囲のシャローエリアを効率的に攻略できるというトコロ! 春のサーチベイトとしても活躍が期待できそうですよね。

出典:O.S.P公式「ハイカットF」詳細ページ

 

ステイさせるとルアーが浮いてくれるので、ウィードにタッチした瞬間に止めて浮かせたり、ボトムノックで根掛りを避けながらトレースするなど使い方は自由自在!

そのようなことで、障害物に接近したアプローチが可能になり、立木、ゴロタまたはウィードエリアといった、あらゆるライトカバーの攻略が可能に。

また見た目のシルエットがリアルなことと、タイトなアクションによりクリアウォーターのスレバスも口を使わせる力を秘めているのも特長の1つ!

 

ディテールにも注目

ハイカットF」はボディ本体または、内部にもコダワリが秘められています。

 

ハニカムスーパーHPボディ(PAT.)

強度を維持しつつ、大幅な軽量化に成功したのが”ハニカムスーパーHPボディ。

ボディの軽量化は、アクションレスポンスを向上させABS樹脂の限界を超えた真のハイピッチアクションを実現しているとのこと。

 

低重心固定ウェイト

腹部のウェイトを低重心化することで、ロールを強めると同時に早巻き性能も向上。

ハニカムボディと相乗効果でタダ巻きでのバイト数UPに貢献。サスペンドモデルより固定ウェイトが0.2g軽量化されることで発生するウェイトホールの間隙を樹脂で埋め、ウェイトの暴れを無くしたサイレント仕様。

 

ラウンドタイプタイプのリップ

連続ジャーク時でも一定のレンジをキープして左右にダート。

ラウンドタイプタイプならではの高い復元力で、適度に左右に流れるアクションを見せてくれます。また、しっかり水を掴み低速リトリーブでもナチュラルで確実なアクションを実現。

出典:O.S.P公式「ハイカットF」詳細ページ

 

気になる新色はこちら

2020年4月登場予定

今回、新たに加わる新色が「KDブラウンチャート」、「KDレーザーピンク」、「orkピンクワカサギ」、「ゴーストHFワカサギ」の4色! カラーがさらに追加したことで選択肢がさらに広がりますよね。

記者個人的には、マッディウォーターでは「orkピンクワカサギ」、クリアウォーターでは「ゴーストHFワカサギ」といった感じでローテさせて使ってみたいです。

 

KDブラウンチャート

 

KDレーザーピンク

 

orkピンクワカサギ

 

ゴーストHFワカサギ

品名 サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
ハイカットF 60.0mm 5.1g フローティング #10 28 1,600円(税抜)

O.S.P公式「ハイカットF」詳細ページはこちら

 

カラーバリエもさらに充実

今回登場した、NEWカラーを含めて、全28色になった「ハイカットF」。では、全カラーをまとめて紹介していきます!

 

新色が登場するのが4月なので、是非春バス攻略には「ハイカットF」を使ってみて下さいね!

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。