ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

渓流解禁とレイズ。天龍スタッフブログが瑞々しくてよかった

徐々に各地で渓流解禁を迎えた所も増えてきたでしょう。

天龍の舟木雄一さんが、解禁を迎えた長野県の天竜川で実釣。もちろん手にはレイズ。

出典:天龍

せっかくなので実釣の模様は、舟木さんの中にいる〝少年〟が顔をのぞかせたような、瑞々しい文章を下記からお読みいただければと思います。

【天龍スタッフブログ:「雨の解禁日」はコチラ

レイズ2機種を使って…

なんか、イイですよね(笑)。解禁日には、大きく分けて中流部のポイントへ。

広い瀬もあり遠投が求められるシチュエーションにて選んだのはレイズのRZ772S-ML。

そして翌週には上流部。川幅が狭く、また繊細に小さなルアーで食わせることを意識して選んだのはRZ6102S-LML。

ここで得たのが、〝泣き尺〟の今季初アマゴだったそうです。

とにかく使いやすい全8機種が揃う

RZ772S-MLは飛距離に優れ、連続トゥイッチ&ジャークを続けやすいモデル。

そしてRZ6102S-LMLはいわばフィネスモデル。高難度の渓魚を繊細な操作で食わせ、かつ不意の大物にも対応してくれる機種。

西陣織仕様のカーボンパイプと天然ウッド素材が見た目にも美しい

さまざまなシチュエーションで誰もが使いやすい全8機種が揃うレイズ。

現場にいたわけではないのですが、文章から読み取れる雰囲気とロッドセレクトに、妙なリアリティを感じてニヤリとしてしまいました。

渓流シーズン本番、レイズにはきっと「コレコレ」という機種があると思いますので、チェックしてみてください。

公式製品ページはコチラ

出典:YouTube「天龍釣具事業部」

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。