ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【カバー周りをスロー&タイトに攻めれる】塚本謙太郎のミブロ「アパッチ」がこの春メチャ効きそう!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

塚本謙太郎(ツカモトケンタロウ)さんが代表を務めるルアーブランド、「ミブロ」。

塚本 謙太郎(Kentaro Tsukamoto) プロフィール

幼少の頃より自然のなかで釣りに親しむ。小学生の頃、ライギョを釣るためにルアーフィッシングをはじめ、その後ブラックバスに魅了される。 高校を卒業後「大きな湖で釣りをしたい」という理由で就職先を茨城県に求め、霞ヶ浦湖畔に移住。 釣具販売、営業、ボート販売と、釣り三昧の生活からますますバス釣りにのめり込む。

“釣れるクランクベイトをつくる”をモットーに、クランクベイトを中心に、ワーム、スピナーベイト、チャターベイトなど、こだわられたルアーが揃っています。

そんな中、今回はミブロのスピナーベイト、「アパッチ」について紹介していきます。

 

アパッチ【ミブロ】

両ブレード共に「ミブロ」オリジナルカップ形状のコロラドブレードが搭載された「アパッチ」。ウエイトは3/8oz ,と1/2ozの2サイズ!

品名 ウエイト カラー 本体価格
アパッチ 3/8oz , 1/2oz 5色 1,500円

ミブロ公式「アパッチ」詳細ページはこちら

 

カバー周りをタイトにゆっくり攻めることができる「アパッチ」

アパッチ」は、両ブレードともコロラドブレードにすることより、明確かつ強すぎないバイブレーションで、タイトでスローなアクションでカバー周りを攻めることができるスピナーベイト。色々な箇所にこだわられているんですが、まず注目して欲しいのが、アームに備わっているビーズとスイベルを装着するアイ部分。

リーディングブレードが前に移動してラインが絡まないように、アームのビーズにロウ付がされています。またスイベルを付けるアイ部分は、強度アップのため、スポット溶接が施されています。

ラインに絡みがないようにビーズをロウ付け

 

また、トレーラーフックを着けなくてもフッキングをさせやすく、大型の魚とのやり取りを安心してできるように4/0サイズという大きめのフックが標準装備されています。

フックサイズは大型の#4/0

出典:ミブロ公式「アパッチ」詳細ページ

 

アーム部とスカート部にもコダワリが!

一般的なスピナーベイトのアームは0.8~0.9mm径の鋼材が使用されていることが多いですが、「アパッチ」は反発力があり頑丈な1.0径のアームが搭載。

この硬くて太いアームがブレードの発生させた振動をダイレクトに伝えてスカートやトレーラーを魅力的に躍らせます。

ヘッドはベーシックな形状で低重心かつスリ抜けの良いバランスを重視。カバーに当たった際のフラッタリングと高い復元能力を実現しているとのこと。 スカート部にはスカートシステムが搭載されているので、ゴムを外して簡単にお好みのスカートを取り付けられます。

 

低重心でスリ抜けの良いヘッド

交換可能スカートと細身トレーラーキーパー

出典:ミブロ公式「アパッチ」詳細ページ

1 / 2
次へ