ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サゴシジグ】という名だけど、メチャ色々な魚に効きそうなメタルジグがシマノ・コルトスナイパーシリーズから

コルトスナイバー・サゴシジグがシマノから登場します(4月予定)。

出典:シマノ

地味に注目しているんです。早く投入したい。

というのも二面性があると思うのです。

サゴシジグという名前通りなサゴシ用ジグとして。そして意外やなんでもできる器用なジグとして。

出典:シマノ

関西方面ではボチボチ気になる季節でしょうか? 近年はライトショアジギングなどでサゴシ(サワラ)釣りって人気がジワジワ高まっている気がします。

分かりやすい面白さがあると思うんですよね。アクション満載、最後は正義が勝つ…といったハリウッド映画のような。

鳥山だ!投げる!とにかく巻く…バコッ!!ってヒット~みたいな。

写真は展示会で撮影したもので、安全面から針先は折ってあります

巻くだけでテールを左右に

コルトスナイパーサゴシジグも、巻くだけOKなメタルジグ。

ベイトが逃げ惑っているような時は水面直下まで沈めて巻いてやれば、オートマチックにテールをフリフリ。

リアのトリプルフックにサゴシがチェイスします。

出典:シマノ

出典:SHIMANO TV公式チャンネル

ダートスライドは他魚にも間違いなさそう!?

もう一つのアクションを上の動画で確認して頂きたいのですが、ダートスライドです。これはエビをイミテートしたアクションだそう。

水面にベイトが少ない時にはエビを意識したダートでサゴシを攻略ということですが、コレ…多分さまざまな魚に効きそうな動きですよね!

非常にスリムな形状で、左右に大きくキレイにダートしています。青物全般に間違いなさそう!

ダートで使用する時はリアのトリプルフックを外すと、よりダート幅が大きくなります。

そんなワケでサゴシにはもちろん、とりあえず色々な魚に効きそうだから投げてみたいと思うのでした!

狂鱗カラーの全7色

これに加えて「狂鱗」です。

本物のイワシから鱗を採取し開発がスタートしたというシマノ独自のホログラムが全7色に採用されています。

イワシやブルピン、ゼブラグローなど、高実績カラーが揃っています。

28g・750円/35g・780円/42g・820円。

フロントフックは28gがオリジナルフロントアシスト伊勢尼形状 太軸#14、35gと42gが同#15。リアフックはいずれも#4。

シマノ公式製品ページは→コチラ

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。