ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ディスタイルから遂にロッドがデビュー!】青木大介こだわり抜いた新作ロッド「ブルートレック」がメチャ気になる

青木大介プロが代表を務める「ディスタイル」。

これまではプラグやワームの開発がメインでしたが、2020年の春、遂に「ディスタイル」からロッドがデビューすることになりました!

 

ブルートレック【ディスタイル】

2020年春登場予定

そのNEWロッドの名前は、「ブルートレック」! 名前にもなっているように「ブルー」がイメージカラー。

いやーメチャカッコいいデザインに仕上がっていますよね。

モデルスペック Length Lure wt (oz) Line wt (lb) メーカー希望
本体価格(税抜き)
DBTS-60UL-S 6’0″ 183 1/48~1/8 2〜5 ¥28,000
DBTS-61L 6’1″ 185 1/32〜1/4 2.5〜8 ¥28,000
DBTS-65L+ 6’5″ 196 1/32〜1/4 3〜8 ¥28,000
DBTS-66M 6’6″ 198 1/16〜3/8 4〜8 / PE0.6号~1.5号 ¥28,500
DBTC-65ML-FM 6’5″ 196 3/16-5/8 8〜16 ¥28,500
DBTC-67ML-BF 6’7″ 201 1/16〜1/4 6〜12 ¥29,000
DBTC-68M 6’8″ 203 3/16〜5/8 8〜16 ¥29,000
DBTC-610MH 6’10” 208 3/16〜3/4 8〜20 ¥29,000
DBTC-70H-S 7’0″ 213 3/16〜1 10〜20 ¥29,500
DBTC-73H 7’3″ 221 1/4〜1・1/4 14〜25 ¥29,500

ディスタイル公式「ブルートレック」詳細ページはこちら

 

ブルートレックのコンセプトとは?

青木大介プロがアメリカに舞台を移すまでに、日本で培った釣りの経験を生かし、その経験を元に必要なパフォーマンスをアングラーに感じて欲しいという思いで開発されたのが「ブルートレック」。

出典:ディスタイル公式「ブルートレック」詳細ページ

青木大介プロが得意とする”早いフィネス”の釣りを上手くこなすには、キャスト性能と操作性、アタリを取る感度が必要。

「ブルートレック」は、それらの動作をスムーズに行えるように作られていて、フィールドの状況変化にも柔軟に対応できるロッドなんです!

また、コストの削減にも徹底し、制作する過程で不必要な箇所を徹底的に削ぎ落し、必要な性能だけ残しているとのこと。

出典:ディスタイル公式「ブルートレック」詳細ページ

1 / 3
次へ