ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

超フィネスから大型狙い特化型まで!レイズスペクトラの追加機種を解説

レイズスペクトラは、天龍の渓流ロッドの中で尖った仕様のフラッグシップモデル。

決してバーサタイルとはいえないが、一度その性格をつかんでしまうと手放せないロッドといえます。

そのレイズスペクトラに、今季3機種が追加されています。

出典:天龍

ちなみに、誰にでも高次元で扱いやすいロッドには2020年にフルモデルチェンジとなったレイズがあり、このあたりはどちらにしようかうれしい悩みでもあると思います。

さて、そんなレイズスペクトラの追加3機種を舟木雄一さんに解説していただきました!

RZS61LL 渓流域のルアーを本流で使えるフィネスロッド

レイズスペクトラRZS61LLは小さなルアーを繊細に操り、食い渋る魚に口を使わせるためのロッド。

渓流域で使うような小さく軽いルアーを、本流で使えるようにしてくれるとイメージしていただくとよいかと思います。

プレッシャーの多いフィールドでは、そのような小さいルアーでないと食わないことがある。

そんな現状を体感したことから生まれたロッドだそうだ。

濡れた手でも滑らないよう、シートリングにローレットが刻まれデザインとしてもオシャレ

Twitchin’ Customのサブネーム通り、そういった軽量ルアーをキレよく動かすことができます。

パワーはLLということで、ウルトラライトとライトの間。バットパワーを上げるのではなく若干の張りを持たせることで、キャストをスパッと決められ(収束が早い)、繊細にアクションをかけられるロッドに仕上がっています。

渓流域で使用するルアーを本流域で…というコンセプトのもと、ベースとなったのはレイズのRZS511L。比較すると1フィート長く、遠投性能ももちろん増しています。

レイズRZS511Lと比較すれば1フィート長いにも関わらず、キャストの軽快さと操作性が高いのは、バットの張りが絶妙なバランスで変更されているからなんですね。

また、レイズRZS511Lとの比較ではガイド(チタンフレーム・トルザイトリング)は糸抜けのよい1番手大きいサイズを採用、リアグリップ長も30mm延長しています。

ルアーウェイトは3~5g程度、特に5~7cmほどのミノープラグの扱いに長けています。

ライン設定はナイロン4~5lb、PEラインは0.4~0.6号が扱いやすい。

ということで、渓流域のタックルを本流域でそのまま扱えます。

それはつまり、タフな状況でフィネスに攻略する時にこそ真価を発揮するロッドといえるでしょう。

全長1.86m
自重74g
適合ルアー1~8g
適合ライン1~5lb
価格50,000円

RZS51LL-BC 圧倒的な操作性の高さ

RZS51LL-BCは、BCの名の通り、レイズスペクトラ初となるベイトキャスティングロッド。

こちらもサブネームはTwitchin’ Customで、コンセプトとしては上記61LLと同様。

ベイトフィネスリールの進化はめざましく、生まれるべくして登場したベイトロッドといえますね。

こちらのロッドは超どピンポイント、その限られた範囲の中でアングラーが意図したアクションをルアーに確実に伝えられるロッド。

その操作性を生みだす高弾性カーボンは、反面キャストにおけるリリースポイントを難しくしていますが、キャストさえつかめば得られるレスポンスの高さは随一。実にスペクトラらしいロッドといえます。

バッドガイドはT-LRVTG(ライトリバースガイド)。糸抜けのよさ、トラブル知らず、軽い!と軽量ルアーを投げるベイトキャスティングロッドには最高のガイドといえます。

こちらもやはり3~5g程度、特に5cmほどのミノープラグなどが扱いやすく、ラインもナイロンで4~5lb(PE0.4~0.6号)といったライトラインがマッチします。

全長1.55m
自重72g
適合ルアー1~8g
適合ライン1~5lb
価格51,500円

RZS77MMH

初めて目にした時は、コレが同じスペクトラシリーズ?という感じがあったのがRZS77MMH。

サブネームはMikija(ミキージャ)。ミキージャとはカムチャッカ半島にいるニジマスの原種名とのことで、とんでもないサイズがいるそうです。

そうです。RZS77MMH・ミキージャは「とんでもないサイズ」を釣ることに特化したロッドといえます。

大型魚を相手に、しっかり掛かる、安心してファイトできるMHアクションとなっています。

グリップ長は、ベースとなったRZ75MLと比較すると一握り分長くなっています。

もちろんC・N・Tが採用され、特有の粘りも健在。それでいてキャストにもシャープさが感じられる仕様。

使用ルアーは7~14g程度が最も扱いやすい。ミノープラグであれば8~9cm、慣れてくれば7cmクラスのフローティングタイプも十分に扱えます。

出典:天龍

サクラマス、大型のニジマスやイワナ、アメマス、サーモン系など「とにかく大型を釣りたい」という願いを叶えてくれるロッドに仕上がっています。

全長2.31m
自重123g
適合ルアー5~25g
適合ライン5~12lb
価格59,000円

新たな3機種が加わり全6機種となったレイズスペクトラ。各機種個性に溢れる1本となっていますよ!