ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【千葉から世界記録】大原港・勝美屋初栄丸からモンスターサイズのイサキ!IGFA・オールタックル世界記録に認定

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

千葉・大原から日本記録へ、日本記録から世界記録へ!

昨年9月7日、千葉・大原港の勝美屋・初栄丸にて水野眞敬(みずの・まさのり)さんが釣り上げたイサキ2.24kgがIGFA・オールタックル部門における世界記録に認定されました。

釣り上げた時はさぞかし驚かれたことだろうと思い、水野さんにお電話してみると、その反応は意外なものでした。

「釣り上げた時は、私自身はそれほど驚かなかったのが正直なところで。船釣りを楽しんでいますから、サメなど大きな魚が掛かることもあるじゃないですか。それに比べればすんなり上がりましたし」と笑う水野さん。

「ところが、長年大原の海を見てきた船長(勝美雅一船長)が一番驚いていました。〝これはモンスターだ〟って。写真を撮って船長仲間にもメールで送ると、こんなの見たことないという反応だったようで、いつも魚を入れるオケから、船の大きなイケスに移していましたね」

勝美屋・初栄丸の「いつもの」イケスではこんな感じ。衝撃の大きさです

港に戻り、船長や女将さんの協力もあり、計量・タックルの撮影などを済ませ、JGFAに申請。

それは日本記録となり…

そして世界記録(IGFA・オールタックル)へとなったのでした!

何でも2009年以来の記録更新だったそうで、さまざまな細かい手続きをしていくうちに水野さん自身も「すごいことをしちゃったな」と感じたそうです。

以前はゴルフも楽しんでいたという水野さん、「素人がホールインワンしちゃったみたいな感じですよ」と茶目っ気タップリに話してくれたのでありました!

勝美屋初栄丸さん、水野さん、おめでとうございます!

■勝美屋・初栄丸
http://hatsueimaru.jp/